草津でマーケット、宿場町の路地裏が舞台

2019.12.13 08:00

『くさつFarmers’Market』2018年度の様子

(写真2枚)

東海道と中山道が合流する滋賀県草津市。宿場町の趣が残る路地を舞台に、ローカルな暮らしをテーマにしたマーケット『草津小市×くさつFarmers’Market』が12月14日に開催される。

マーケットは2つあり、1つは暮らしの「衣食住」をテーマに、生活を豊かにしてくれるようなプロダクトやフードなど小さな商いが集う。もう1つは平飼いたまごや手作りの豆腐、天然酵母のパンなど滋賀県のオーガニック農家を中心にした約25店が出店する。

また、「くさつまちなかアートラボ」メンバーによるインスタレーションやイラストの展示、野菜ソムリエによる年末までに覚えたい飾り切りのワークショップなどもおこなわれる。詳しくは公式サイトにて。来場者には豚汁のふるまいも。12月14日朝10時から昼3時までの開催。

『草津小市×くさつFarmers'Market』

日時:2019年12月14日(土)・10:00〜15:00
会場:東海道・草津宿 本陣周辺エリア(滋賀県草津市草津1-2-8)
料金:入場無料

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本