今年のJC・JK流行語「ぴえん」が大賞
2019.12.2 17:00

女子大生社長の椎木里佳を中心に、女子中高生向けのマーケティング支援などを手がける「AMF」(本社:東京都港区)が『2019年のJC・JK流行語大賞』を、ヒト・モノ・アプリ・コトバの4部門に分けて発表した。

JC・JK流行語大賞2019画像一覧

◆キャッチーさが重要、ワードも「映え」の時代

「コトバ部門」1位は「ぴえん」。泣き声の「ぴえーん」を省略化したもので、残念な出来事があった際に使用される「ぴえん」。語尾につけたり、インスタグラムのストーリーにその日の出来事とともに使用されるなど、多くの女子中高生の会話で登場したという。

2位の「べびたっぴ」は、ショート音楽動画共有アプリ『TikTok』内でタピオカにストローを刺す時の掛け声として大ブーム。3位の「KP」も、2位に引き続き飲み物を飲むときの乾杯(=KP)の掛け声として、1年を通して活用された。

4位は亀田史郎のブログや動画にも度々登場する「3150(最高)」、5位は付き合っている相手を公表せずに、それとなく感じさせる「匂わせ」がランクインした。

「ヒト部門」で1位に輝いた4人組ピアノポップバンド・Official髭男dism(通称:髭男)は、耳に残るメロディーと歌詞から、YouTubeやサブスクを通して女子中高生の間で大流行。年末は『紅白歌合戦』への初出場も決定し、2019年を代表するアーティストとなった。

ピンク髪時代の横浜流星(2019年3月・大阪市内にて)画像一覧

2位の俳優・横浜流星は、1月に放送されたドラマ『初めて恋をした日に読む話』でピンク髪の高校生を演じ、一躍人気に。中性的な顔立ちから「美しすぎる枠」として女子中高生からの支持を獲得したという。

3位は独特の言葉選びや奇抜な行動がおもしろいとSNSから火が付いた「フワちゃん」、4位は2020年1月にYOSHIKI作詞作曲の楽曲でデビューを果たすジャニーズグループ・SixTONES(ストーンズ)、5位は姉弟ユーチューバーとして人気の「よしあき&ミチ」のミチが選ばれた。

1 2

「AMF」

URL:https://twitter.com/AMF_mg

  • facebook
  • twitter
  • はてブ