名所復活? 大阪・なんばに新ホテル開業
2019.12.1 8:00

文化の発信地「新歌舞伎座」が2009年に閉館して以来、都心ながら空白だった地に宿泊施設「ホテルロイヤルクラシック大阪」(大阪市中央区)が、12月1日開業。ありし日を思い起こさせる姿となっている。

1958年に竣工した新歌舞伎座の意匠を引き継いだホテルロイヤルクラシック大阪画像一覧

ホテルのコンセプトは、「時をつなぐ」。建築家・村野藤吾設計の「新歌舞伎座」(現在は、上本町に移転)の特徴でもあった幾重にもなった唐割風(からはふ)を、建築家・隈研吾が低層部に再現。内装は和を活かした近代的な空間となっているが、2階のカフェラウンジ「コアガリ」では、「(旧)新歌舞伎座」で使用されていた金物などが展示され、歴史を垣間見ることができる。

2階のカフェラウンジ コアガリでは「(旧)新歌舞伎座」の金物をディスプレイ
2階のカフェラウンジ コアガリでは「(旧)新歌舞伎座」の金物をディスプレイ画像一覧

ホテルとしては、「関西国際空港」に直結する南海電車「なんば駅」徒歩すぐ、訪日客に人気の道頓堀エリアが徒歩圏内、人気の飲み屋街「座ウラ」(新歌舞伎座の裏側という意で名付けられた)という立地を活かしたホテルを目指すという。

ビジネスから観光客まで幅広い客層をターゲットとし、訪日客対策としてスタッフの約1/3は外国人スタッフに。周辺の飲食店を紹介するオリジナルコンテンツも多言語で展開する予定だ。

ブッフェレストラン「ユラユラ」。世界各国の郷土料理をアレンジしたメニューも並ぶ
ブッフェレストラン「ユラユラ」。世界各国の郷土料理をアレンジしたメニューも並ぶ画像一覧

レストラン「ユラユラ」では、「周辺はカジュアルなグルメが多いので、同じような感覚で楽しんでほしい。差別化するためにブッフェ形式にし、ホテルながらも値段は極力抑えた」と担当者。昼は大人3000円、夜は大人4000円(土日祝はそれぞれ+1000円)で提供する。

また、冠婚葬祭事業を展開する「ベルコ」(大阪市)が運営するとあって、宿泊特化型と呼ばれる客室とレストラン(カフェ)のみのホテルが増加するなか、宴会場12室、2チャペルを併設するのも特徴だ。館内には草間彌生をはじめとする100点のアートを展示し、客室は全150室、駐車場台数は86台。

「ホテルロイヤルクラシック大阪」

2019年12月1日(日)オープン
住所:大阪市中央区難波4-3-3
URL:https://hotel-royalclassic.jp/

  • facebook
  • twitter
  • はてブ