岡村隆史「事の重大さに気づき始めて・・・」

2019.11.19 22:30

堤真一とのW主演映画『決算!忠臣蔵』の舞台挨拶に登場した岡村隆史(19日・京都市内)

(写真2枚)

映画『決算!忠臣蔵』の先行上映会が19日、京都市内の映画館でおこなわれ、W主演の堤真一と岡村隆史、メガホンをとった中村義洋監督が登場。舞台挨拶をおこなった。

限られた予算内で主君の仇を討つべく、奮闘する赤穂浪士たちを描いた本作。これまでのイメージから一新し、討ち入りのための予算を集めて、一大プロジェクトを決行するまでの笑いと涙の物語となっている。

「ムービースター・岡村隆史です!」と威勢よく挨拶した岡村だったが、「最初、会社から映画の仕事が来てますよ、と聞いて。どんな作品かも聞かず、すぐやりますと返事をしたら、おいおい、忠臣蔵で、堤さんと? 京都での撮影で、関西弁だと? だんだん事の重大さに気づき始めて・・・」と焦った表情に。

しかし、いざ撮影となると、「(西川きよし、桂文珍、村上ショージ、木村祐一ら)諸先輩方もたくさんおられましたし、セリフも関西弁が多かったものですから、リラックスして(演技が)できた」と、ムービースターの面目躍如はなんとか保った様子。同映画は11月22日から公開される。

映画『決算!忠臣蔵』

2019年11月22日(金)公開
監督:中村義洋
出演:堤真一、岡村隆史、ほか
配給:松竹

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本