人気店が行列緩和のため、梅田で同時開店

2019.11.14 07:00

リンクス梅田の4階にオープンする「ゴンチャ LINKS UMEDA店」

(写真3枚)

大阪・茶屋町で人気の台湾ティー専門店「ゴンチャ」。11月16日開業する商業施設「LINKS UMEDA(リンクス梅田)」(大阪市北区)に2軒同時オープンする。

「ゴンチャ」といえば、現在のタピオカミルクティー人気を牽引するブランドのひとつで、茶葉やトッピング、甘さ、氷の量を自由にカスタムできることでも人気。茶屋町店は、周辺にもタピオカ専門店が続出しているにも関わらず、週末は10~20代を中心に長蛇の列となっている。

今回の出店は、その混雑の緩和が狙いだそうで、「本来であれば、『いつでも気軽においしいお茶を』がコンセプト。しかし、現在は行列でそれがなかなか実現しづらい状況です。タピオカだけでなく、お茶そのものも楽しんでもらえる状況になれば」と担当者は説明する。

手前がおすすめの組み合わせの一つ、ミルクフォーム ジャスミン グリーンティーのグラスジェリー付きMサイズ490円、奧が塩キャラメルミルクティーMサイズ470円(共に税別)
手前がおすすめの組み合わせの一つ、ミルクフォーム ジャスミン グリーンティーのグラスジェリー付きSサイズ 440円、奧が塩キャラメルミルクティーMサイズ470円(共に税別)

地下1階の「LINKS MARCHE Eat&Walk店」は人通りが多いエリアなのでテイクアウト専門店に、4階の「LINKS UMEDA店」はゆっくり楽しめるように約30席のイートインスペースを併設。「施設の8階にはコミュ二ティ型ワークスペース『WeWork』もあり、オフィスワーカーの方々にコーヒーと同じ感覚で台湾茶を」と、2店舗で異なるターゲットを狙っていくという。

オープン記念として、11月20日から発売される「シナモン アップルティー エード」(500円税別)と「塩キャラメル ミルクティー」(470円税別)が先行販売される。地下1階は9時半から22時、4階は10時~21時と店舗により営業時間が異なる。

「ゴンチャ LINKS MARCHE Eat&Walk店」(B1)「ゴンチャ LINKS UMEDA店」(4F)

2019年11月16日(土)オープン
住所:大阪市北区大深町1-1
営業:B1は9:30~22:00、4Fは10:00~21:00
電話:03-4405-4852(平日9:00〜18:00)

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本