破局の剛力彩芽、1年半ぶりにドラマ出演

2019.11.13 15:00

1年半ぶりにドラマ出演が決まった女優の剛力彩芽 ©「抱かれたい12人の女たち」製作委員会

(写真1枚)

テレビ大阪の土曜深夜ドラマ『抱かれたい12人の女たち』の最終話(12月21日放送)に、女優の剛力彩芽の出演が決定。剛力のドラマ出演は、『家政夫のミタゾノ』(テレビ朝日系)以来、約1年半ぶりとなる。

同番組は、主演の山本耕史演じるバーテンダーをゲスト女優が即興演技で口説くという大人恋愛ドラマで、女優は事前にキャラだけを決め、後は台本なしで会話を繰り広げていくというもの。ZOZOの創業者・前澤友作氏との破局報道が出たばかりの剛力は、女優Aを追っている芸能記者・大須賀彩を演じる。

「即興劇は初めてで、緊張していたので前半はほとんど覚えていません(笑)」と語った剛力。そして、「困ったなぁと思ったのは、山本さんが女優Aをめちゃくちゃ褒めてくれること。ありがたいんですけど、そんなに褒めないでって。役を通じてですが『あの子、バカだよね』とか世間が思っていることを言えたのはすっきりしました(笑)。違う人で自分のことを語る役を演じるのって難しいと思ったけれど、山本さんとだからできたことで、即興劇だからこそ成り立ったことかもしれません」とコメント。

同ドラマは、毎週土曜・深夜1時26分に放送。これまで、高橋メアリージュン、若月佑美(元乃木坂46)、MEGUMI、三浦理恵子、奈緒(12月7日放送回)、高橋ひとみ(12月14日放送回)が出演。また、11月18日からはテレビ東京での放送も決まっている。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本