真矢ミキ5年ぶり舞台復帰「さらけ出す」

2019.11.24 07:00

人生を振り返ったとき、宝塚と『ビビット』に加え「本作出演が大きかったなと思う気がする」と話す真矢ミキ(11月・大阪市内)

(写真2枚)

元宝塚歌劇団花組トップスターで、1999年に女優デビュー後は映画やCMなど多方面で活躍する女優の真矢ミキが、5年ぶりに舞台復帰を果たす『正しいオトナたち』。その兵庫公演の取材会が大阪市内でおこなわれた。

本作は子ども同士のケンカについて2組の夫婦が話し合ううち、それぞれの奥底にある感情が爆発する4人芝居。2009年トニー賞演劇部門最優秀作品賞などに輝き、2011年にはロマン・ポランスキー監督によって映画化もされた。

真矢が演じる教養ある女性作家のヴェロニックは、「石橋を叩いて叩いて、橋がなくなったというタイプ」とユニークに説明。真矢自身も、「めちゃくちゃ石橋を叩く人で、橋を壊しはしなかったけど、点検時間がすごく長い人でした」と笑う。

ただ、今年9月で終了した朝の情報番組『ビビット』(TBS)のMCを務めてからは、「短いなかで集中するべきだと学びました」という。「役者は人の人生を演じさせてもらうわけで、4年半、人生の悲喜こもごもを番組でしっかりと受け止めたからこそ、初めてのストレートプレイに今どっぷりとつかることが楽しいです」と充実した表情。

「自分をさらけ出し、『そこは見せたくなかった』というような人間性がボロボロ見える、格好つけない役作りができたらなと思います」と、真矢が体当たりで挑む本作。兵庫公演は12月7日・8日に「兵庫県立芸術文化センター 阪急中ホール」(西宮市)にて。チケットは8500円(発売中)。東京、名古屋でも上演。

取材・文・写真/小野寺亜紀

舞台『正しいオトナたち』

日時:2019年12月7日(土)14:00〜/18:00〜、8日(日)13:00〜
会場:兵庫県立芸術文化センター 阪急 中ホール(西宮市高松町2-22)
料金:8500円(全席指定)
電話:0798-68-0255

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本