戸田恵子が胃を痛めた、三谷幸喜の遅筆
2019.11.1 20:00

三谷幸喜が作・演出を手掛けたひとり舞台『虹のかけら~もうひとりのジュディ』に出演する女優・戸田恵子。大阪で会見をおこない、2018年の初演で味わったキツイ体験を明かした。

今回の企画は、「三谷さんがジュディ・ガーランドを選んでくださいました」と戸田恵子(10月25日・大阪市内)
今回の企画は、「三谷さんがジュディ・ガーランドを選んでくださいました」と戸田恵子(10月25日・大阪市内)画像一覧

2004年には、戸田のひとり芝居『なにわバタフライ』でタッグを組むなど、大きな信頼関係にある2人。戸田は、「私の還暦のお祝いにと、歌やエンタテインメントを取り入れて、ひとりのアーティストを描いた作品を作っていただけませんか? とお願いした」と、自らオファーしたと話す。

とはいえ、決して筆が早い方ではないことで知られる三谷。「毎日稽古場で、バンドの人たちと『今日も(脚本)来ないね』と言いながら、歌の練習をしていました」と、脚本が完成したのは公演初日6日前だったという。

「できた本は面白かったけど、とっかかるのに6日間はさすがに短すぎて・・・」と、かなり追い詰められた状態で初日を迎えた戸田。精神的負担も大きく、「(公演が)終わってからもだいぶ胃が痛かったです(笑)」と打ち明けた。

一方で、「想像しない感情や、『本気ですか?』と思うようなことを言ってくるんですけど、それが面白い」と、脚本家としてだけでなく演出力の高さにも太鼓判を押す戸田。

「『私にこんな引き出しありましたか?』というところを開けていってくれるので、三谷さんと仕事したら、絶対ワンランクアップできるという自信があります」と、改めて三谷との名コンビぶりを語った。

『虹のかけら~もうひとりのジュディ』は、映画『オズの魔法使』主演のジュディ・ガーランドの生涯をモチーフにした、歌あり朗読ありミステリー要素ありの舞台。12月3日・4日に「サンケイホールブリーゼ」(大阪市北区)で上演。チケットはS席7800円、ブリーゼシート5000円で、現在発売中。12月1日に「すばるホール」(大阪府富田林市)でも公演あり。

取材・文・写真/吉永美和子

『虹のかけら~もうひとりのジュディ』

日程:2019年12月3日(火)・4日(水)
会場:サンケイホールブリーゼ(大阪市北区梅田2-4-9 ブリーゼタワー7F)
料金:S席7800円、ブリーゼシート5000円
電話:06-6341-8888
URL:http://www.sankeihallbreeze.com/

日時:12月1日(日)・14:00〜
会場:すばるホール(富田林市桜ケ丘町2-8)
料金:一般1階席4000円、2階席3000円、高校生以下2000円
電話:0721-26-2060
URL:http://subaruhall.org/

  • facebook
  • twitter
  • はてブ