戸田恵子の良いとこ取り舞台、人気で再演
2019.11.2 9:00

三谷幸喜が作・演出を務めるひとり舞台『虹のかけら~もうひとりのジュディ』に出演する戸田恵子が、大阪公演に先立ち会見をおこない、心境を語った。

初演時は期間が短く、「観た人が限られたのが心残りだった」と戸田恵子(10月25日・大阪市内)
初演時は期間が短く、「観た人が限られたのが心残りだった」と戸田恵子(10月25日・大阪市内)画像一覧

連続テレビ小説『なつぞら』(NHK)では歌手・煙カスミ役で多彩な歌声を披露するなど、女優・歌手・声優とマルチに活躍する戸田。本公演は、2017年に還暦を迎えた戸田が、その記念に企画した舞台の再演だ。

2018年の初演は、東京の小さな劇場で4日間のみの開催。「お客さまが入り切らない状態で、たくさん不満の声をいただきました。私自身、台本をいただいての稽古期間が短く、心ここにあらずの状態で終わった公演。ぜひもう1回やりたい、全国の人に観ていただきたいと思った」と、再演の理由を明かした。

本作は、映画『オズの魔法使』のドロシー役で知られる、往年の大女優ジュディ・ガーランドがモチーフ。ジュディの付き人が遺した日記を紹介するなかで、ライブや映画のシーンを再現していく。

「ひとりミュージカルと言うには、9割はハンドマイクで歌いますし、どちらかというとショーっぽいステージ。私のできることを全部このなかに入れた感じで、三谷さんには『戸田恵子の良いところ取り』とおっしゃっていただけました。私がひとりで何もかも、てんてこ舞いになってるところを観て欲しいです」と見どころを語る。

また、昔から大ファンだったというジュディについても「日本ではあまり知られてない人ですが、その全体像がグッとつかめる話。グラミー賞もトニー賞も受賞した大スターで、47年の波乱に富んだ人生を送った、ジュディのことを知ってもらえたら」と意気込みを見せた。

『虹のかけら~もうひとりのジュディ』は、12月3日・4日に「サンケイホールブリーゼ」(大阪市北区)で上演。チケットはS席7800円、ブリーゼシート5000円で、現在発売中。12月1日に「すばるホール」(大阪府富田林市)でも公演あり。

取材・文・写真/吉永美和子

『虹のかけら~もうひとりのジュディ』

日程:2019年12月3日(火)・4日(水)
会場:サンケイホールブリーゼ(大阪市北区梅田2-4-9 ブリーゼタワー7F)
料金:S席7800円、ブリーゼシート5000円
電話:06-6341-8888
URL:http://www.sankeihallbreeze.com/

日時:12月1日(日)・14:00〜
会場:すばるホール(富田林市桜ケ丘町2-8)
料金:一般1階席4000円、2階席3000円、高校生以下2000円
電話:0721-26-2060
URL:http://subaruhall.org/

  • facebook
  • twitter
  • はてブ