ドラマ「時効警察」展、大阪で12月開催
2019.10.22 11:00

「12年ぶりの復活」で話題となっている金曜ナイトドラマ『時効警察はじめました』(テレビ朝日系・毎週金曜午後11時14分〜)。その世界観を堪能できる企画展が東京で11月8日から、大阪で12月14日から開催される。

ドラマ『時効警察はじめました』メインビジュアル画像一覧

同作は、時効になった事件を「趣味」で捜査する男・霧山修一朗(オダギリジョー)が、名(迷)助手・三日月しずか(麻生久美子)とともに未解決事件の謎に挑むシュールな脱力系コメディーミステリー。2006年1月期『時効警察』、2007年4月期『帰ってきた時効警察』に続く第3弾として、12年ぶりに復活した。

時効管理課のセット画像一覧

同作といえば、各所にちりばめられた小ネタも作品の魅力のひとつ。ほんの数秒しか映らない紙1枚、小物ひとつにツッコミどころが満載で、「12年ぶりの復活だから1ミリたりとも見逃さずに堪能したい」「12年の年月のうちにすっかり勘が鈍って見逃してしまった」「そもそも時効警察を見るのがはじめて」という人たちのため、今回の展覧会が企画された。

会場では、ドラマ各話の名場面写真はもちろん、総武警察の面々が実際のドラマで囲んでいる時効管理課の机など、撮影で使われた小道具を展示。東京では毎週の放送ごとに展示物も増えていくという。総武警察署のキャラクター・そーぶさんとのフォトスポットや、作中に登場する「時効」スタンプを押すことができるスポットも登場する。

さらにオリジナルグッズも20種類以上がスタンバイ・・・と盛りだくさんの内容に。東京は11月8日から12月10日まで「テレビ朝日けやき坂ミュージアム」(東京都港区)で、大阪は12月14日から29日まで「心斎橋オーパ」(大阪市中央区)で開催される。料金は前売800円(時効ステッカー付)。

『時効警察【展】はじめました』

「東京会場」
期間:2019年11月8日(金)〜12月10日(火)
時間:16:00〜21:00(土日祝は14:00〜20:00、入場は閉場の30分前まで)
会場:テレビ朝日けやき坂ミュージアム(東京都港区六本木6-9-1)
料金:前売800円(時効スタッカー付)、当日1000円

「大阪会場」
期間:2019年12月14日(土)〜29日(日)
時間:11:00〜20:30(入場は閉場の30分前まで)
会場:心斎橋オーパ 9F OPA GALLERY(大阪市中央区西心斎橋1-4-3)
URL:https://post.tv-asahi.co.jp/post-101020/

  • facebook
  • twitter
  • はてブ