ラグビー敗退も花園ファン「楽しかった」

2019.10.20 23:30

試合前半、日本代表の好プレーに沸く会場(20日・東大阪市内)

(写真1枚)

ラグビーワールドカップ・日本代表対南アフリカ代表戦のパブリックビューイングが20日、「東大阪市花園ラグビー場」(大阪府東大阪市)でおこなわれた。

ロシア、アイルランド、サモア、スコットランドを撃破し、4連勝で予選プールを首位通過した日本代表。決勝トーナメント進出は日本ラグビー史上初の快挙で、その勇姿を見守るべく、パブリックビューイング会場には1万人以上のファンが集まった。

東大阪市内から来た藤本さんは、「大会のあいだ、僕がテレビを観ながらずっと騒いでるので、子どもたちも興味を持つようになって(笑)」と家族で来場。「前半3対5に抑えたのもスゴい」、「まだ巻きかえせるかも」と、親子で応援に熱が入っていた。

後半になると、日本は自陣での反則をきっかけに点を重ねられてしまう。その後も猛攻は続き、3対26で南アフリカが勝利。日本代表のワールドカップは幕を下ろした。

「南アフリカが強かった。ずっと彼らのペースでした」と無念そうに語った大阪市内の40代の男性ファンは、「横浜にも応援に行きました。この1カ月、ずっと代表を観てきて楽しかった」と、重い扉をこじ開けたラグビー日本代表の躍進と、これまでにない盛り上がりを見せた大会をふりかえった。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本