二階堂ふみ「顔色を青く、を心がけた」
2019.10.20 7:00

小山健原作の大ヒット漫画を実写化した映画『生理ちゃん』が19日、『京都国際映画祭』(会場:よしもと祇園花月)で上映され、二階堂ふみ、伊藤沙莉、松風理咲、品田俊介監督、生理ちゃんが登壇。舞台挨拶をおこなった。

舞台挨拶に登壇した二階堂ふみ(中央)と伊藤沙莉(左)、右は生理ちゃん(19日・よしもと祇園花月) © 京都国際映画祭画像一覧

月に1回のペースで女性のもとに訪れる生理痛を擬人化し、その辛さや悩みを代弁させることで多くの共感を呼び、『第23回手塚治虫文化賞』では短編賞を受賞した同漫画。映画化では、1話完結短編作品をまとめて長編作品となっている。

突然やってくる生理ちゃんに振り回される主人公・青子役の二階堂は、「こういう作品が、映画というエンタテインメントを通して表現されるのはすごくステキなこと」と語り、役作りについては「なるべく顔色を青く、を心がけました」と笑顔で明かした。

左から、伊藤沙莉、二階堂ふみ、松風理咲、品田俊介監督(19日・よしもと祇園花月) © 京都国際映画祭画像一覧

また、夢を諦めて、SNSに毒を吐くフリーター・りほ役の伊藤は、「自分と近いところがありました」とコメント。「『どうせ』とか『私なんか』という考えがベースにあるのが一緒。そのへんは、りほちゃんにより添えて(演技が)できた」と語った。同映画は11月8日から全国で順次公開される。

映画『生理ちゃん』

2019年11月8日(金)公開
監督:品田俊介
出演:二階堂ふみ、伊藤沙莉、松風理咲、ほか
配給:よしもとクリエイティブ・エージェンシー
URL:https://seirichan.official-movie.com

  • facebook
  • twitter
  • はてブ