フジファブリックを拡張? 大阪で展示会

2019.10.14 20:00

『フジファブリック・エキシビション』過去開催会場の様子

(写真3枚)

ロックバンド・フジファブリックのデビュー15周年を記念した展覧会が、東京を経て大阪へ巡回。「梅田ロフト」(大阪市北区)4階にて10月17日からスタートする。

中毒性のあるロックサウンドと情緒的な歌詞で、多くの人に愛されてきた彼ら。展覧会では、多様なアーティストがフジファブリックの15楽曲をモチーフにした作品を制作、楽曲の世界観をふくらませた展示をおこなう。

会場には写真家・嶌村吉祥丸やコラージュアーティストのM!DOR!、イラストレーターSTOMACHACHE.らによる作品が並ぶほか、立体的な音響空間のなかで再生されるライブ映像の上映や、撮り下ろしのVR映像が展示される。

東京の展示では、小スペースのギャラリーながら3日間で1000人以上が来場。その後、福岡や名古屋へと巡回し、SNSには「共感するものもあったり、自分とは受け取るイメージが違うなあと思う作品があったり。曲を観るって面白い!」「VRがやばすぎてやばすぎて、ここだけで1万円くらいお支払いしたい」と多くのファンが感想を寄せた。大阪展の入場料は800円(未就学児無料)で、期間は11月4日まで。

『フジファブリック・エキシビション』

期間:2019年10月17日(木)〜11月4日(祝・月)
営業:11:00〜21:00(11/4は〜18:00) ※入場は閉場の30分前まで
会場:梅田ロフト 4Fイベントスペース(大阪市北区茶屋町16-7)
料金:800円(バックステージ風ステッカー付) ※未就学児無料

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本