NAOTO&健二郎、USJでダンス披露

2019.10.8 23:15

「Rat−tat−tatダンス」を披露する山下健二郎(左)とNAOTO(8日・大阪市内)

(写真10枚)

「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」(大阪市此花区)のハロウィーンイベント『ゾンビ・デ・ダンス』のアンバサダーを務める三代目JSOUL BROTHERSのパフォーマー・EXILE NAOTOと山下健二郎が8日、同パークに登場。招待された約1000人のゲストとともにゾンビダンスを披露した。

ハロウィンイベント期間中の毎日、三代目メンバーの小林直己が考案した「Rat−tat−tatダンス」をゾンビたちがゲストとともに踊っている同パーク。この日、ゾンビとモンスターがゲストにダンスをレクチャーしたあと、研究者のDr.カオスが「Rat−tat−tatダンスの伝道師!」と呼び込むと、ステージにNAOTOと山下健二郎が登場。観客からは悲鳴に近い歓声が上がった。

最後のポーズが決まる山下健二郎(左)とNAOTO(8日・大阪市内)

全員で「Rat−tat−tatダンス」をキレキレに踊り、NAOTOは「USJのハロウィンの盛り上がりは、何年か前に来たときに体感してたんですけど、今回楽曲でコラボできて最高ですね」と笑顔に。グループ加入前は同パークのダンサーだった山下健二郎が、「まさに、このグラマシーパークで踊ってたんですよ!」と話すと、NAOTOは「ずっと付けてたからか、ヘッドセットの取り扱いがめちゃくちゃ早くてびっくりした(笑)」と明かし、会場を沸かせた。

2人が「手首や肘を90度に曲げる」などうまく踊るコツをゲストに伝授し、全員でもう一度「Rat−tat−tatダンス」を披露。踊り終わったあとに、NAOTOが「健ちゃん! みんなまだいけるよね?」と叫ぶと、山下も「みなさん、Don’t be Shy!」とゲストを鼓舞するなど、イベントを全力で盛り上げた。ハロウィンイベント期間は11月4日まで。

『ユニバーサル・サプライズ・ハロウィーン』

期間:2019年9月6日(金)〜11月4日(祝・月)

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本