井上芳雄「2人に恥ずかしくない自分に」
2019.10.7 20:00

劇作家・井上ひさし(2010年没)の最後の描き下ろし作品『組曲虐殺』の再々演が、東京・大阪など全国6カ所を巡演。10月6日に「天王洲 銀河劇場」(品川区)で開幕し、主演を務める井上芳雄がその心境を語った。

舞台『組曲虐殺』で小林多喜二を演じる井上芳雄 提供:ホリプロ
舞台『組曲虐殺』で小林多喜二を演じる井上芳雄 提供:ホリプロ画像一覧

初演(2009年)、再演(2012年)に引きつづき、主人公・小林多喜二を演じる井上。「初演のとき僕は30歳で、多喜二と同年代でした。それから僕のなかには多喜二と井上ひさしさんがずっといて、2人に恥ずかしくない自分でありたいと思って生きてきた気がします」と打ち明ける。

本作について、「自分が演劇をやる意味に気づかせてくれた、大きな転機となった作品。すべての舞台は現代社会と繋がっていて、僕たちがお芝居をする意味を明確にしなければ、未来に繋がらないことを学びました」とも。

「この10年で、結婚し子どももできて自分自身の環境も大きく変化しました。井上さんや多喜二から『綱を渡された者』のひとりとして、未来に希望があることを信じ、今の時代に僕が演じる多喜二にしなければと決意を新たにしています」と気持ちを引き締める。

井上芳雄のほか、上白石萌音、高畑淳子らが出演。舞台『組曲虐殺』初日公演より(10月6日・天王洲 銀河劇場) 提供:ホリプロ
井上芳雄のほか、上白石萌音、高畑淳子らが出演。舞台『組曲虐殺』初日公演より(10月6日・天王洲 銀河劇場) 提供:ホリプロ画像一覧

本作は、プロレタリア文学の代表作・小説『蟹工船』で知られる小林多喜二の生涯を描くストーリー。死期を悟った井上ひさしが、本作を書き切ったことで「もう全然いいんだよ」と話したという思い入れの深い作品だ。

2019年は井上ひさし没後10年目のメモリアルイヤー。井上が主宰を務めた劇団「こまつ座」が、幻の初期作を含めた5作品を上演し、本作で1年を締めくくる。大阪公演は、11月8日〜10日に「梅田芸術劇場シアター・ドラマシティー」(大阪市北区)にて。

『組曲虐殺』

東京、福岡、大阪、松本、富山、名古屋にて巡演
URL:https://horipro-stage.jp/stage/kumikyoku2019/

  • facebook
  • twitter
  • はてブ