吉永小百合「辛かった」過去を振りかえる

2019.10.4 22:00

意外にもおっちょこちょい?な素顔を見せる吉永小百合

(写真1枚)

この10月に放送400回を迎える、エッセイスト・阿川佐和子がMCをつとめるトーク番組『サワコの朝』(MBS)。10月5日の放送では女優の吉永小百合さんが登場し、これまでの女優生活を振りかえる。

昭和32年、当時小学6年生だった吉永は、ラジオドラマ『赤銅鈴之助』でデビュー。その後も貧しい家庭のために女優として働き、高校時代には年間16本の映画に出演するほど多忙を極めたという。

撮影所に泊まることもあったという忙しさのなかでも、当時所属していた日活の「働き方改革」により時間を得た吉永は、勉学に励み早稲田大学に進学。しかし、国民的女優として数々の映画に出演を重ねるなか、20代半ばにしてストレスと過労で声が出なくなってしまう。「辛かった」という当時の出来事を、阿川を前に語った。

そのほか、新婚当初の裏話をはじめ、親友・樹木希林さんとの忘れられない別れや、ドラマで共演した松田優作さんとのエピソードも披露。この模様は10月5日・朝7時半から放送される。

毎日放送『サワコの朝』

放送:2019年10月5日(土)・7:30〜8:00

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本