戸田恵梨香「スカーレットは泥臭い」
2019.9.29 5:00

NHK連続テレビ小説『スカーレット』がいよいよ9月30日よりスタートする。ヒロインの川原喜美子を演じているのが、女優の戸田恵梨香。戦後まもなく大阪から滋賀・信楽に移り住み、長女として一家を支え、やがて男性ばかりの陶芸の世界で女性陶芸家の草分けとなる喜美子の人生を通して、戸田自身が感じたこととは?  撮影現場の様子や見どころも含めて、話を聞いた。

取材・文/井口啓子 写真/一井りょう スタイリング/影山蓉子(eight peace)ヘアメイク/田崎未来

「主要スタッフは女性。女の力でやってるぞ!という感じも見て欲しい」(戸田)

──戸田さんは女優として、すでに多くのドラマや映画でキャリアを積んでらっしゃいますが、今回初めて「朝ドラ」のヒロインを演じるにあたり、どのような思いで臨まれたのでしょう?

通常のドラマだとワンクール3カ月ぐらいで撮影するところを、「朝ドラ」は11カ月かけて、ひとりの女性の人生を演じていくので、めったにできない経験ですし、それを経たときに自分がどう変化しているのか。私自身、知りたくてやらせていただいたところがあるんですが、ロケで信楽を訪れたときに、陶工の方や地元の方々とお会いして、いろんなお話をきいて・・・。私は信楽のみなさんの心を背負ってるんだな、「朝ドラ」のヒロインをやるってこういうことか!と身が引き締まりました。

「朝ドラのヒロインをやるってこういうことか!」身が引き締まったという戸田恵梨香画像一覧

──今回演じられる喜美子は、戦後の貧しい時代を明るく生き、女性陶芸家の草分けとなるエネルギッシュな女性です。戸田さん自身との共通点はありますか?

喜美子は深い愛情とパワーを持っていて、それを周りの人にも与えられる女性。役を演じるときに自分との共通点を考えることはあまりないんですが、そこは私も見習いたいなと思いました。あと、なにか答えが見つかるまでは徹底的に考える、仕事でも対人関係でも決して妥協しない懸命さも喜美子の魅力で、そこは自分も少し似たところがあるかもしれません。

──喜美子を演じるにあたり、陶芸の猛特訓をされたそうですね。

やはり陶芸家ですから最低限、土に慣れてないといけないということで、撮影前に約3カ月、陶芸家の先生に教えていただいたんですが、難しかったですね。土を練るという作業ひとつとってもいろんなやり方があって、指の力の入れ方ひとつで表情が変わるし、その時の体調や感情でも変わる。わずか3カ月ですが、実際に自分でやってみることで、その難しさと奥の深さを改めて感じました。同じものは絶対にできないというなかで、自分を見つめて、自分を俯瞰で見て、心を統一させて、自分なりのやり方を見つけていかなきゃいけない。そういう自分との見つめ合いという意味では、お芝居も共通するところがあるのかなと思いました。

──今でこそ女性陶芸家はめずらしくありませんが、喜美子の時代には陶芸は男ばかりの世界でもあったんですよね。

陶芸は男の世界で女性は少ないという話をうかがって、なぜなんだろうと思っていたんですが、実際にやってみると陶芸って本当に体力仕事で。先生が練られている土の固さだと私は力が足りなくて、まったく練れなかったんです。これは悔しいけど男の世界になるよな・・・と実感しましたし、女性が陶芸家としてやっていくことの壁も高さも改めて感じて。喜美子の勇気に驚きつつ、私も負けないでやらなきゃ!  と決意を新たにしました。

3カ月間、陶芸の猛特訓を受け、撮影に臨んだ ©NHK画像一覧

──「朝ドラ」では、これまでにもさまざまな形で「自身の手で道を切り開いてゆく女の生きざま」が描かれてきましたが、『スカーレット』はそういった観点からも共感を呼ぶものになりそうですね。

子どもの頃の喜美子のセリフで「女にも、意地と誇りはあるんじゃあ!」って言葉があるんですが、私はこれが本当に大好きで。(役柄で)20代になった今もたまに言ってるんですが、女性がものを言いにくかった時代にこういう言葉を屈託なく言える喜美子の無敵さがいいなあって。この時代にこういう女性がいたからこそ、今の私たちもこんなふうに働いていられるんだと実感できますし、彼女たちに対しての敬意を持ちながら私も喜美子として胸を張って生きて行きたいなと思います。

実は『スカーレット』はチーフプロデューサーの内田ゆきさんや脚本の水橋文美江さんをはじめ、主要スタッフに女性が多いのです。なので「女の力でやってるぞ!」というのも感じながら見てもらえたらうれしいです。

1 2

NHK連続テレビ小説『スカーレット』

放送:2019年9月30日(月)〜2020年3月28日(土)<全150回>
出演:戸田恵梨香、北村一輝、富田靖子、桜庭ななみ、福田麻由子、大島優子、林遣都、佐藤隆太、財前直見、水野美紀、溝端淳平、ほか
URL:https://nhk.jp/scarlet

  • facebook
  • twitter
  • はてブ