日本酒三昧イベント、神戸・白鶴で蔵開き
2019.9.15 12:00

老舗酒造メーカー「白鶴」(神戸市灘区)による恒例イベント「酒蔵開放」が今年も開催。工場見学や無料試飲など、日本酒を楽しむ数々のイベントが、同社の資料館にて10月5日におこなわれる。

当日は無料の振る舞い酒も画像一覧

毎年春と秋におこなわれ、2019年春には4500人が集まった同イベント。当日は鏡開きショーや振る舞い酒、有料試飲を通して「白鶴」のいろんな日本酒を味わうことができる。

さらに、例年ファンが列を作るという日本酒入り「福袋」などの販売のほか、若手社員により仕込まれたフルーティーな日本酒「別鶴」、神戸大学とコラボした数量限定酒「神のまにまに」といった珍しい酒が味わえるのも、このイベントならでは。

同日に工場見学ツアーも(約1時間・要事前予約)開催。参加者は、普段は入ることができない仕込み中のタンクなどを見学し、工場長直々の解説とともに日本酒造りの世界を垣間見られる。入場は無料。このほか、阪神電車の模擬運転ブースや紙すき体験など、地元企業の協力による子ども向けブースも。

『酒蔵開放』

日時:2019年10月5日(土)・9:30〜16:00 
※雨天決行・荒天中止
会場:白鶴酒造株式会社(神戸市東灘区住吉南町4-5-5 白鶴酒造資料館)
料金:入場無料 ※有料試飲あり
URL:http://www.hakutsuru.co.jp/

  • facebook
  • twitter
  • はてブ