ミニオンのティム、若者人気でグッズ急増

2019.9.6 19:00

ほぼティムのグッズになっているショップ「サンフランシスコ・キャンディーズ」(5日/ユニバーサル・スタジオ・ジャパン)

(写真11枚)

「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」(大阪市此花区)に2017年4月にオープンし、ひときわ賑わいを見せるエリア「ミニオンパーク」。その隣にあるミニオングッズ専門店が、いつの間にか「くま」のぬいぐるみで占領されていた。その「くま」とは、ボブというミニオンが肌身離さず持っているぬいぐるみ・ティムだ。

2015年に公開された映画『怪盗グルー』シリーズのスピンオフ作品『ミニオンズ』に初めて登場したオッドアイ(目の色が左右違う)のミニオン・ボブ。そのボブの愛するティムが若い世代を中心にじわじわ人気を集め、同パークに2018年、グッズとして初登場。

もこもこのティムの耳が特徴のカチューシャが予想以上に売れ、グッズ担当者は「ティムのグッズを出せば出すほど反応が良く、みなさまのニーズを実感したので、シリーズとしてしっかり展開しようと思いました」と、9月のハロウィンイベントを機に「ボブズ フェイバリット ベアー」というシリーズを展開、35種のグッズが追加され、ティム主役のお店となった。

新たに登場した秋冬らしいチェックのカチューシャ(2300円)

ティムは、女性はもちろん、男性からの支持が高いのも人気の秘密。グッズ担当者は「これまでスヌーピーのカチューシャをつける男性が多かったんですが、ティムの耳もカチューシャとして付けやすいと選択肢のひとつに加わったようです」と話し、確かにこの日もパーク内ではお揃いのティムコーデをしているカップルが多く見られた。現在パークでは、ティムのカチューシャは5種(ハロウィン仕様含む)も販売されている。今後も多様なグッズがまだまだ増えそうだ。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本