「葬式の名人」出演者、ロケ地で同窓会?
2019.9.7 20:00

「葬式の名人」出演者、ロケ地で同窓会?

卒業から10年たったある日。母校・茨木高校を突然訪れ、突然逝ってしまったクラスメイト。かつての親友を失って、やりきれない悲しみで集まった同級生たちは、ひょんなことから母校の教室でお通夜をすることにする。そんな映画『葬式の名人』に出演する尾上寛之、中西美帆、奥野瑛太、佐藤都輝子、樋井明日香の5人が、ロケ地となった大阪・茨木高校に再び集合。同窓会さながら、思い出話に花を咲かせた。

取材・文/田辺ユウキ 写真/木村正史

「お前なんかがイバ高に行けるわけないやん、と」(尾上寛之)

──本作の『葬式の名人』は、大阪府茨木市でオールロケがおこなわれましたが、尾上さんはまさに茨木出身なんですよね。

尾上「そうなんです、映画に登場する場所のあたりで過ごしました。18歳まで茨木にいたので、学生時代に通っていた道もそうだし、あと、死んだ旧友を棺桶にいれて練り歩くシーンに出てくる商店街もほぼ毎日行っていました。だけど、撮影しているときは照れ臭さがありました。なんせ、茨木高校の卒業生という設定だったので」

ロケ地・茨木市出身の尾上寛之画像一覧

奥野「あ、茨木高校って有数の進学校なんだよね。川端康成の母校としても有名ですし」

尾上「そうそう。だから、もし友だちがこの映画を観たら、『お前なんかがイバ高(茨木高校の通称)に行けるわけないやん』と笑われそうなんだよね」

樋井「でも、茨木は本当に楽しい街だなって思いました。クランクイン前からいろんな場所へ行きましたが、どこも楽しめました。私は南大阪(河内長野市)出身なので、あまり来ることがなかったから、すごく新鮮でした」

大阪・河内長野市出身の樋井明日香画像一覧

中西「私は神戸出身なので、大阪にも馴染みがあるのですが、茨木はとてものどかで、いい意味で大阪らしくない印象を受けました」

佐藤「私は京都市出身で、茨木は近い距離にはあったけど、なかなか来たことがありませんでした。すごくあたたかい街だなって。みなさんが映画を応援してくれている感じがしました。撮影をしていることもちゃんと知っていて、さまざまなご協力をいただけました」

奥野「ちょっと待ってください。今、全員が関西出身と聞いてショックを受けています。僕だけ、北海道出身・・・。だから疎外感があったのか(笑)」

佐藤「そんなことないでしょ!」

京都市出身の佐藤都輝子画像一覧

──みなさん今作では、高校時代の同級生の死をきっかけに集まる、かつての仲間たちの役。でもあの微妙な関係性って、すごく分かります。久しぶりに顔を合わせると、懐かしさにうれしい反面、なにをしゃべったらいいかという気まずさもありますよね。

樋井「そう。昔の友だちって、今会っても何を話して良いか分からないですよね。小学生のときの友だちとか、まったく会わなくなってしまった。結婚をしてお子さんもいて、というのは知っていても、いざ会ったら話すことがないかも。それこそ映画のなかの同級生たちのような雰囲気になりそう」

1 2

映画『葬式の名人』

2019年8月16日(金)茨木市先行公開、9月20日(金)全国公開
監督:樋口尚文
出演:前田敦子、高良健吾、白洲迅、尾上寛之、中西美帆、奥野瑛太、佐藤都輝子、樋井明日香、有馬稲子
配給:ティ・ジョイ
URL:http://soushikinomeijin.com/

  • facebook
  • twitter
  • はてブ