大阪・天下茶屋でセンベロ酒場5軒ハシゴ
2019.8.31 16:00

ひとり5000円を握りしめ、大阪の安飲みエリアを調査。堺東(大阪府堺市)、天下茶屋(大阪市西成区)、北加賀屋(大阪市住之江区)のガシ、ガチャ、ガヤスーパープライス=ガガガSP。いま「ガ」の付く街がおもしろい、と雑誌「ミーツ・リージョナル」で特集。ライターと編集担当が実際に飲んできた。

ひとり5000円を握りしめ、飲んできました! ライター・ロマン(左)、編集担当・あかり(右)画像一覧

企画のなかでも、いちばん安く飲み上げた天下茶屋エリア(大阪市西成区)をご紹介。界隈はハッピーアワー(19時頃までの1杯が格安)開催店舗が充実で、1杯100円なんてのもザラだ。まずは餃子から攻める!

1 レモンサワーと生ビール、4杯飲んで1820円『餃子の酒場マイケル』

ハッピーアワーに釣られて餃子をアテに飲みます!画像一覧

小ぶりな餃子はカリッとジューシー。別オーダーの生ピーマンにオンして肉味噌をつけていただけば、サッパリ味へとトランスフォーム。ハッピーアワーで爆安のジムビームハイボール(150円)との相性も抜群だ。16時の開店から19時までは餃子140円、肉豆腐もオーダー。

パリパリの餃子が、ピーマンと合うのは意外画像一覧

2 大びん1本開けて1570円『やなや』

ノリのいいご主人と画像一覧

駅前でバッタリ会った自称ユーチューバーの兄貴が激オシの角打ち。元・焼肉店というスタンディング酒場ゆえ肉メニューが豊富。ボリュームのあるハラミの鉄板焼きはビールが欲しくなる。和牛の脂身をポン酢でいただくトロあぶらや生セン、ポテサラやコロッケも注文。

ハラミをはじめ、酒がすすみすぎるアテがずらり画像一覧

3 ハイボール2杯注文して932円『酒解』

ここもハッピーアワー。ハイボール100円で、鮎とセコ飲み画像一覧

ミナミ界隈の飲み師からの激オシを受け3軒目にチョイスした立ち飲み酒場。ハッピーアワーでジムビームハイボールがなんと100円。魚介がウリでアジの造り、鮎の塩焼きをオーダーしてもひとり500円以内。安すぎ!

この鮮度でこの値段。アジの造り333円画像一覧

4 二階堂とデュワーズで1450円『スタンドメトロ』

駅ウラのおしゃれな隠れ家バルは、創作系アテが豊富画像一覧

駅裏におしゃれな隠れ家バルを発見。界隈の人気店「食堂メトロ」の姉妹店とのこと。市内でもめずらしいビール・エーデルピルスの生(500円)は必飲。アテにはするめいかのわた焼きともめん塩豆腐を。

するめいかのわた焼きは、磯の香りがたまらん画像一覧

5 二階堂とチューハイで2340円『ニューうさぎ』

女将さんと一緒に画像一覧

おなかも満たせる飲み屋でシメたい、と飲食歴50年という女将さんが営むおばんざいスタンドへ。陽気な常連客にまじって実家感満載のスパサラや肉じゃがをチョイス。チジミやナムルなどの韓流アテも豊富。チューハイ1杯300円。

常連さんたちと一緒にカンパイ!画像一覧

結果、2人で合計8456円なり。「ハッピーアワーが安すぎる。1杯100円なんて、飲み過ぎちゃうやろ〜。なんなら、もう1軒行けちゃう」と編集担当。大阪随一の安飲みが叶うという天下茶屋の実力をまざまざと見せつけられたのだった。

出典:雑誌『Meets Regional(ミーツ・リージョナル)』10月号 写真/山元裕人

ひと駅先で、はしご酒。『Meets Regional(ミーツ・リージョナル)』10月号

2019年8月30日(金)発売
立ち呑みや昼酒が活況な今、昼スタートで飲み歩けるはしご酒が熱い! 野田の地獄谷、天王寺のウラ天王寺など、環状線のピンポイントエリアや、ふだんは降りない駅を目指して、はしご酒の大冒険へ。定価500円(税込)
URL:https://www.lmagazine.jp/meets/

  • facebook
  • twitter
  • はてブ