近鉄、次世代特急「ひのとり」運行を発表
2019.8.30 17:00

「近畿日本鉄道」(代表取締役社長:都司尚)は30日、大阪−名古屋間をつなぐ新型名阪特急「ひのとり」の来春運行を発表。日本初となる全席バックシェル設置など、居住性を大幅に向上させた車両となる。

30日に発表された新型名阪特急「ひのとり」画像一覧

2020年3月14日から運行されるのは、先進的でスピード感ある車体フォルム、深い艶感のあるメタリックレッドの外観デザインの新型名阪特急「ひのとり」(80000系)。気品ある車両のイメージを、翼を大きく広げて飛翔する「火の鳥」に重ね合わせて命名された。

両先頭のプレミアム車両は全席3列シートで、前後間隔は日本最大級の130cm。座部が前後することで後方に気兼ねなくリクライニングできるバックシェルのほか、横揺れを低減する電動式フルアクティブサスペンション、フルカラーLED照明、座席コンセントが設置されている。

大型ガラスを採用し、眺望にもこだわったプレミアム車両(イメージ)画像一覧

また、レギュラー車両も全席バックシェルを設置(前後間隔116cm)。さらに、カフェスポット、ベンチスペース、無料Wi−Fi、空気清浄機なども配備され、車内の居住性をこれまでから大幅に向上させたという。

大阪難波−近鉄名古屋間の料金は、運賃・特別急行料金のほかに、特別車両料金を新たに設定。プレミアム車両が5240円(運賃2410円、特別急行料金1930円、特別車両料金900円)で、レギュラー車両が4540円(運賃2410円、特別急行料金1930円、特別車両料金200円)。また、大阪難波−近鉄奈良間でも一部運行予定。

「近畿日本鉄道」

URL:https://www.kintetsu.co.jp/

  • facebook
  • twitter
  • はてブ