世界の肉料理ブッフェ、京都のホテルで

2019.8.16 12:00

ロシアの伝統料理「キエフ風カツレツ」をアレンジ、香草とニンニクをたっぷりとバターに練り込んだ「ステーキ キエフ風バター」

(写真6枚)

世界の肉料理と秋の味覚が楽しめるランチ&ディナーブッフェが、「京都センチュリーホテル」(京都市下京区)で、9月4日から開催される。

塩漬けした豚肉を、野菜とともにさらに煮込んだドイツ伝統の「アイスバイン」や、香草やレモン汁、ニンニクを練り込んだバターを隠し味にするロシアの伝統料理「キエフ風カツレツ」をイメージしたバターステーキなど、各国の名物肉料理からインスピレーションを得た料理が堪能できる。

さらに、松茸の芳醇な香りが食欲をそそる「松茸香るサンマのパエリア」や、ディナータイム限定の「カボチャ風味のチーズフォンデュ」など、秋の食材をふんだんに使った料理の数々も登場。ドリンクも飲み放題で、ランチ3500円〜(平日)、ディナー5000円。期間は11月13日まで。

『WORLD MEAT FESTIVAL』

期間:2019年9月4日(水)〜11月13日(水)
営業:11:30〜14:30、17:30〜21:00 ※土・日・祝の営業時間は異なる
会場:京都センチュリーホテル 2F(京都市下京区東塩小路町680)
料金:ランチ大人3500円〜、7〜12歳1800円、ディナー大人5000円、7〜12歳2500円

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本