妖怪姿で乗車を、嵐電で夏の人気企画
2019.8.5 8:00

「京福電気鉄道」(京都市中京区)による夏の恒例企画「嵐電妖怪電車」が、8月11日から5日間おこなわれる。

妖怪姿の乗客と並んで、会話が盛り上がるのも一興(過去のイベント時)
妖怪姿の乗客と並んで、会話が盛り上がるのも一興(過去のイベント時)画像一覧

車内はいつもよりも薄暗くムーディーに、妖怪の画像やオブジェがディスプレイされる同企画は、四条大宮駅から嵐山駅間で1日5便を運行。妖怪姿での乗車が推奨され、運賃が通常220円のところ100円(ただし途中下車不可)になるほか、妖怪認定バッチがプレゼントされる。

ほかにも8月11日には妖怪姿であればだれでも参加できる妖怪大行列や、人気投票による「妖怪仮装コンテスト」などを実施。グランプリに選ばれると翌年のポスターに使用されるとあって、どんな妖怪姿になるか気合いを入れる参加者が続出している。

また、今年は新しい試みとして、人気怪談師・松原タニシ氏による「怪談電車」を8月15日に運行。ぞっとするような話を道中で楽しむことができる。料金は1200円で、チケット販売は当日のみ。運行やチケット発売についての詳細は公式サイトにて。

「嵐電妖怪電車」

期間:2019年8月11日(祝・日)〜15日(木)
料金:大人220円、子ども110円、妖怪100円
URL:http://randen.keifuku.co.jp

  • facebook
  • twitter
  • はてブ