RUSH BALL、タイムテーブル発表

2019.8.2 17:00

『RUSH BALL2019』

(写真3枚)

日本のロック、パンクシーン最前線のバンドが勢ぞろいする、関西の大型野外ロックイベント『RUSH BALL』。8月31日・9月1日に開催される今年のタイムテーブルが発表された。

フェス幕開けとなる31日のオープニングアクトには、新曲『ハナヒカリ』が映画『惡の華』主題歌に抜擢された人気急上昇中の3ピースバンド・リーガルリリー。そしてトリには同フェス常連・サカナクションがラインアップ。1日は、昨年のATMC(ミニステージ)からメインステージに繰り上がった4人組バンド・tetoがオープニングを飾り、大トリは[ALEXANDROS]が務める。

2019年のテーマは「未来」。主催のGREENS・力竹総明さんは、「近い未来・遠い未来、明るい未来・みんなの未来。寄り添ったり、自分自身で突き進んだり、未来への向かい方は人それぞれです。技術革新が進んでいくなか、最終的にリアルが大事なんだという共通認識のもと、RUSH BALLはさまざまな未来を考えながら進んでいこうと思います」と語る。

2日券はすでに完売し、1日券6800円のみが販売中(小学生は1日券3500円、未就学児童は保護者同伴のもと入場無料)。会場はこれまで同様「泉大津フェニックス」(大阪府泉大津市)で開催される。

『RUSH BALL 2019』

日程:2019年8月31日(土)・9月1日(日)
時間:11:00〜
会場:泉大津フェニックス
料金:1DAY 6800円、小学生1DAY 3500円
※小学生以上はチケットが必要
※未就学児童は保護者同伴の元、入場無料
電話:06-6882-1224(GREENS)

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本