ねこ浴び放題、大阪に銭湯風の猫カフェ
2019.7.28 7:00

日本初となる銭湯風保護猫カフェ「ねこ浴場」が7月、大阪・心斎橋にオープン。昭和の大衆銭湯をイメージした店内で、猫とのふれあいが楽しめるという。

銭湯といえば、な富士山が描かれたキャットステップがお出迎え画像一覧

まずは、昭和の銭湯で実際に使われていたロッカーに貴重品を預け、荷物はケロリン桶に入れて入室。室内は猫仕様にしつらえた特製畳が広がり、そのまま猫と添い寝するもよし、足湯に浸かりながら猫を眺めるもよし。天井のキャットウォークには透明なアクリルボールやボードがあり、下からの猫の姿や肉球も見上げることができる。

レトロな店内では、入浴ならぬ猫に癒やされる「ねこ浴」も画像一覧

そんな「ねこ浴場」は、猫との癒やしの場でありながら、保護猫と新たな家族を結ぶ場でもある。同カフェは、保護猫施設の「大阪ネコビル」が移転し、新たなコンセプトでリニューアルオープンしたもの。そのため、店内の猫たち15匹(2019年7月現在)はすべて保護猫で、猫を飼いたい人とマッチングできる場所でもあるという。

店内は10分から利用でき、料金は平日は10分200円、1時間コースは1500円(いずれも税別、土日祝は料金が異なる)。場所は宿泊施設「ザ・ステイ・オオサカ 心斎橋」(大阪市中央区)1階、営業は12時から21時(土日祝は20時まで)。

「ねこ浴場 by 保護猫カフェ ネコリパブリック」

2019年7月15日(月)オープン
営業:12:00〜21:00(土日祝は〜20:00、受付〜閉店30分前)
住所:ザ・ステイ・オオサカ心斎橋 1F(大阪市中央区島之内1-14-29 )
料金:平日=10分200円、土日祝=250円(いずれも税抜、ドリンクオーダー制)
電話:06-4708-3889
URL:https://www.neco-republic.jp/necoyokujo.html

  • facebook
  • twitter
  • はてブ