変化続くそごう神戸店、和菓子エリア刷新
2019.7.25 15:00

2019年10月に「神戸阪急」と屋号を変更する「そごう神戸店」(神戸市中央区)が、和菓子売場を刷新。神戸地区初出店ブランド計6店舗が6月から7月にかけてオープンし、7月26日にリニューアルが完成する。

2019年10月に名称が変更するそごう神戸店画像一覧

6月に、京都の抹茶スイーツで有名な老舗「辻利兵衛本店」、和菓子の「鼓月」によるブランド「姫鼓月」の2軒に加えて、和菓子イベントコーナーがオープン。そのほか、既存ブランドはすべて店舗デザインをリニューアルして、スタイリッシュな空間となっている

そごう神戸店限定販売される「安立音衛門」のマローネ栗のカトルカール2981円
そごう神戸店限定販売される「足立音衛門」のマローネ栗のカトルカール2981円画像一覧

7月26日に、福知山に本店を構え、丹波の栗スイーツを展開する「足立音衛門」、柿の種専門店「かきたねキッチン」、ハッピーターン高級版の「ハッピーターンズ」、京都のせんべいおかき専門店「小倉山荘」の4店舗がオープン。それぞれで、同店限定の商品を販売する(一部は数量限定)。また日本各地の和菓子をセレクトしたコーナーは「日本の銘菓選」と名称を変更し、売場も2.5倍に拡大する。

すでに洋菓子売場は2018年10月にリニューアルし、「バトンドール」「ガトーフェスタ ハラダ」「バックハウスイリエ」などが加わっている。いずれも「阪急うめだ本店」で人気が高いブランドばかりで、10月に向けて少しずつ「神戸阪急」へと変化を遂げている。

「そごう神戸店」

住所:神戸市中央区小野柄通8-1-8
電話:078-221-4181(大代表)
URL:http://www.hankyu-hanshin-dept.co.jp/kobe/

  • facebook
  • twitter
  • はてブ