大阪でトムとジェリー展、若い世代にも人気
2019.7.18 13:05

東京では20日間で10万人を動員した展覧会『トムとジェリー展』が、「大丸心斎橋店」(大阪市中央区)で7月18日にスタート。開場と同時に、幅広い世代のファンが集った。

『トムとジェリー展』では、2匹のオブジェなども見どころ
『トムとジェリー展』では、2匹のオブジェなども見どころ画像一覧

ネコのトムとネズミのジェリーの「仲良しなケンカ」を描き、今年で80周年を迎える大ヒットアニメ『トムとジェリー』。プロデューサーの渡辺さんが「シニアのお客さまが中心と思っていたのですが、親子や若い世代が多かったのが想定外でした」と話すように、大阪の初日も20代や子ども連れのお客がじっくりと鑑賞する姿が目立った。

今回の企画展は、原画・資料約250点の展示やアニメの映像などのほか、作者のウィリアム・ハンナとジョセフ・バーベラが凝らした工夫や、TV化のための経費削減など、2人の試行錯誤が伝わってくる内容となっている。

会場にあるフォトスポットを撮影する人々。ビリヤード玉が顔にめり込んだトムや押しつぶされたトムなどのオブジェ
会場にあるフォトスポットを撮影する人々。ビリヤード玉が顔にめり込んだトムや押しつぶされたトムなどのオブジェ画像一覧

また、当時は原画やセル画も廃棄する傾向にあったそうで、「ロサンゼルスは火事が多く、燃えやすいセル画は保管しない時代でした。今回の展示は、偶然にも残っていた貴重な品々。当初のネコっぽいトムから今のトムへと変化するさま、背景などのこだわりも楽しんでほしい」と、渡辺さんは見どころを話す。

姉妹で訪れた東大阪市の20代女性は、「あちこちで見かけて、気付いたらファンになっていました。見た目もしぐさも大好きです」と、鑑賞前にお目当ての品を約1万円購入したそう。グッズ売場目的の人はほかにも多くおり、大量買いする人が目立っていた。『原始家族フリントストーン』『ヨギベア』『チキチキマシン猛レース』の作品も展示され、期間は8月19日まで。料金は一般1200円。

 

『誕生80周年 トムとジェリー展 カートゥーンの天才コンビ ハンナ=バーベラ』

期間:2019年7月18日(木)~8月19日(月)
時間:10:00~20:30(最終日は18:00、最終入場は30分前)
会場:大丸心斎橋店 北館14Fイベントホール(大阪市中央区心斎橋筋1-7-1)
料金:一般1200円、3歳~小学生600円 ※小学生以下の単独入場は不可
電話:06-6271-1231
URL:https://www.daimaru.co.jp/museum/

  • facebook
  • twitter
  • はてブ