2mの巨大昆虫模型に驚き、大阪の昆虫展
2019.7.17 6:00

昆虫の生態、能力、多様性、昆虫研究のイロハを、約3万5000点の標本と、映像、パネルなどの資料で紹介する特別展『昆虫』が、「大阪市立自然史博物館」(大阪市東住吉区)で9月29日まで開催されている。

展覧会の冒頭を飾る全長約2メートルの巨大昆虫模型。ミツバチなら実物の200倍の大きさだ画像一覧

まず驚かされるのは、全長約2メートルの巨大昆虫模型。ミツバチ、オオクワガタ、ミンミンゼミ、オオムラサキチョウの4体があり、あまりの精巧さと迫力にドギモを抜かれる(ちびっ子はビビっちゃうかもね)。

昆虫標本がズラリ。国内外で採集された昆虫の標本は、なんと約3万5000点画像一覧

さらに先へ進むと、そこはめくるめく昆虫標本の世界。展示はただ標本が並んでいるだけではなく、映像やパネルでその生態が分かりやすく解説され、子どもでも飽きることなく楽しめる。昆虫研究のコーナーでは昆虫採集のテクニックも紹介されており、夏休みの自由研究に役立つだろう。そして「Gの部屋」と題したゴキブリのコーナーは、世界中から集められた多種多様なヤツらが一堂に。見たくない人には迂回ルートが用意されている。

昆虫の起源は約4億8000万年前と言われ(人類は約200万年前)、地球上で知られる種の数は100万種以上に上るという。そんな不思議とロマンに満ちあふれた昆虫の世界を、ワクワクドキドキしながら見て欲しい。

また、昆虫研究の第一線で活躍する執筆陣が、最新の研究成果をもとに詳しく解説する図録(2000円)や、てぬぐい専門店「かまわぬ」とコラボしたてぬぐい(1296円)に、アリの扇子(1944円)など、ユニークなグッズも見逃せない。虫カゴに入ったおかきや、リアルな虫の写真がパッケージになったチョコレートなどお菓子も充実だ。

取材・文/小吹隆文(美術ライター)

特別展『昆虫』

期間:2019年7月13日(土)~9月29日(日)※7/22、8/19・26、9/2・9・17・24休
時間:9:30~17:00 ※入場は16:30まで
会場:大阪市立自然史博物館 ネイチャーホール(大阪市東住吉区長居公園1-23 花と緑と自然の情報センター内)
料金:大人1400円、大高生800円、中学生以下無料
電話:06-6697-6221
URL:https://www.ktv.jp/konchu/

  • facebook
  • twitter
  • はてブ