実はカッコいい古田新太、舞台上の色気

2019.7.14 17:00

劇団☆新感線の最新作『けむりの軍団』記者会見に参加した古田新太(左)、清野菜名、須賀健太

(写真8枚)

舞台での「カッコいい古田新太」伝説は、上げていったらキリがない。一見チャラいけど、身を挺して仲間を守り続ける『髑髏城の七人』の捨之介や、泥棒だけど巨悪には真っ向から戦いを挑む『五右衛門ロック』の五右衛門など・・・、往年の時代劇や少年ジャンプのヒーローを思わせる漢気をダイナミックに、しかも粋にクールに体現するんだから、これはもう男も女も「惚れてまうやろー!」状態だ。

©2008『五右衛門ロック』/ヴィレッヂ・劇団☆新感線 【写真】田中亜紀
©2008『五右衛門ロック』/ヴィレッヂ・劇団☆新感線 【写真】田中亜紀

さらにこれが時代劇になると、演劇界でもトップクラスと評される技術の殺陣が加わるから、男前度はさらに倍増。最近の殺陣はダンスのように華やかなものが主流だけど、古田の場合は刀の重量や人を斬った感触などが観客まで伝わる、そのリアルさが絶品だ。そのニヒルな重さがヒーロー像を複雑かつ味わい深いものにするとともに、物語全体にも痛快さだけでなく、確固たるリアリティを与える。時代劇が衰退している今の日本の映像界だが、古田のこの魅力と価値を存分に活かせる作品が登場してほしいと願う。

劇団☆新感線の2016年の作品『乱鶯』は、その「時代劇の古田」の色気がとりわけ爆発した舞台だろう。元大泥棒が恩人の息子を助けるために暗躍する、その負のヒーローぶりと怒涛のアクションは、古田が演じた役のなかでも五本の指に入るカッコよさだった。

2016 いのうえ歌舞伎《黒》BLACK『乱鶯』/松竹・ヴィレッヂ・劇団☆新感線
2016 いのうえ歌舞伎《黒》BLACK『乱鶯』/松竹・ヴィレッヂ・劇団☆新感線

この『乱鶯』の脚本を担当した倉持裕が、再び古田を大フィーチャーするのが、劇団☆新感線の新作時代劇『けむりの軍団』だ。戦国時代末期を舞台に、素浪人の軍師(古田)が口の立つ男(池田成志)とともに、逃亡中の姫(清野菜名)を国元まで送り届けるという、映画『隠し砦の三悪人』をイメージした時代劇。全体的にはシリアスだった『乱鶯』と違い、「江戸落語のような明るいトーンになる」という。そして古田いわく「(劇中で)めちゃくちゃ戦わされてる」とのことなので、殺陣がたっぷり堪能できるのは確実だろう。

劇団☆新感線『けむりの軍団』イメージビジュアル
劇団☆新感線『けむりの軍団』イメージビジュアル

というわけで、この機会にぜひ舞台での古田新太のカッコよさを目撃して・・・と断言したいが「いや、演劇は敷居が高くて」という人は、舞台映像を映画館で楽しめる「ゲキ×シネ」からオススメする。7月には『髑髏城の七人〈アカドクロ〉』(2004年)と『髑髏城の七人~Season花』(2017年)が、関西で上映。『アカドクロ』は正統派ヒーローの捨之介、『花』はトリッキーな刀鍛冶の贋鉄斎と真逆の役を演じているので、「オモロいおじさん」な『花』を観てから『アカドクロ』を観ると、そのカッコよさがいっそう尊く見えるはずだ。

文/吉永美和子

劇団☆新感線『けむりの軍団』

日程:2019年10月8日(火)〜21日(月)
会場:フェスティバルホール(大阪市北区中之島2-3-18)
料金:S席13800円、A席11500円、B席9500円
電話:0570-200-888

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本