アクセス改善、堺で世界遺産の臨時バス

2019.7.4 09:00

仁徳天皇陵古墳近くにある、堺市博物館。7月6日から9月23日まで特別展『百舌鳥古墳群-巨大墓の時代-』がおこなわれる

(写真4枚)

「百舌鳥・古市古墳群」の世界遺産確定を目前にして、南海電車の堺、堺東の両駅から現地への臨時シャトルバス運行が決まった。

世界最大の「仁徳天皇陵古墳」へはJR阪和線・百舌鳥駅が最寄り駅だが、南海電車を利用すると乗り換えが必要。そのため、快適にアクセスできるよう「南海バス」初のルートとして堺市の主要駅から最寄りの停留所「堺市博物館前」を結ぶ『世界遺産・仁徳天皇陵古墳シャトルバス』が運行される。所要時間は約10〜15分。

堺東駅前(写真)の3番乗り場から堺市博物館前まで、7〜10分で到着
堺東駅前(写真)の3番乗り場から堺市博物館前まで、7〜10分で到着

世界遺産の認定は、アゼルバイジャンで開催中の『第43回世界遺産委員会』で審議され、7月5〜6日に登録の可否が決まる予定。運行期間は7月6日〜12月29日までの土日祝(8月13〜15日は運行)、運賃は大人240円(堺駅前〜宿院のみ220円)。

「仁徳天皇陵古墳シャトルバス」

電話:072-223-8877(南海バス 堺営業所)

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本