醤油で浮かび上がる、五山送り火とうふ
2019.7.9 12:00

ユニークなパッケージが特徴の「男前豆腐店」(本社:京都府南丹市)から夏の風物詩『京都五山送り火』をイメージしたオリジナル豆腐「五山の送り火とうふ」が登場。京都府内のスーパーマーケットで、8月13日から4日間限定で販売される。

「五山の送り火とうふ」(98円)画像一覧

祇園祭とならんで京の夏を代表する行事のひとつで、毎年お盆の8月16日におこなわれる『京都五山送り火』。ご先祖の霊をお送りする「精霊送り」の意味を持ち、京都を囲む5つの山に「大文字」、「妙法」、「船形」、「左大文字」、「鳥居形」の順に点火されていく。

同商品は、山をイメージした形状の容器になっており、取り出して醤油をかければ豆腐にそれぞれの文字が浮かびあがる。なお、売上の一部は『京都五山送り火』の保存・継承に役立てられるという。希望売価は98円(税抜・50g×6個)で、期間は8月16日まで。

「男前豆腐店」

URL:URL:http://otokomae.jp/

  • facebook
  • twitter
  • はてブ