忘れさられた天才絵師、京都で回顧展
2019.6.28 6:00

江戸時代後期に京都で活躍した絵師・横山華山の展覧会が、「京都文化博物館」(京都市中京区)で7月2日よりおこなわれる。

横山華山 祇園祭礼図巻 上巻・部分 個人蔵画像一覧

横山(1781/4~1837)は、幼少時から曽我蕭白の絵に直接触れる機会を得て独学し、岸駒に入門した後、呉春に私淑するなど、多くの画風を身につけた。自由な画風と筆遣いの作品は人気を博し、その名声は日本だけでなく海外にも及んでいる。アメリカの「ボストン美術館」やイギリスの「大英博物館」に彼の作品があるのが、そのなによりの証拠だ。また、日本では明治天皇が彼の作品を所蔵していたほか、夏目漱石が小説のなかで触れたり、絵師の番付で上位に位置するなど、少なくとも江戸後期から大正期までは世間に知られた存在だった。

横山華山 寒山拾得図 ボストン美術館(ウィリアム・ビゲローコレクション) Photograph ©2019 Museum of Fine Arts, Boston画像一覧

ところが大正期以降、彼の名は徐々に忘れられてしまった。その理由は、伝統的な流派に属さず自由に描いていたことが美術史上の分類を難しくしたからとか、優品の多くが海外に渡り国内で見る機会が減ったからとも言われている。そして令和元年の今、彼の作品に再びスポットが当たろうとしている。

本展では、全長30メートルにも及ぶ晩年の大作『祇園祭礼図巻』を一挙に公開するほか、「ボストン美術館」や「大英博物館」からの里帰り作品、曽我蕭白や弟子たちの作品などを合わせた約120点を展覧。忘れ去られてしまった天才絵師の全貌が、ついに明らかになる。期間は8月17日まで、料金は一般1400円。

文/小吹隆文(美術ライター)

『横山華山展』

期間:2019年7月2日(火)~21日(日)、7月23日(火)~8月17日(土)※7/8・22・29休  
時間:10:00~18:00(金曜~19:30)※入場はそれぞれ30分前まで
会場:京都文化博物館(京都市中京区三条高倉)
料金:一般1400円、大高生1100円、中小生500円
電話:075-222-0888
URL:http://kazan.exhn.jp

URL:http://www.bunpaku.or.jp

  • facebook
  • twitter
  • はてブ