万博で夏遊び企画、吉本のお化け屋敷も

2019.6.23 18:00

ミラーボールが輝き、幻想的な空間を演出する「イルミナイト」

(写真4枚)

「万博記念公園」(大阪府吹田市)で、水遊びやおばけ屋敷、ライトアップなどを楽しめるイベント『万博夏あそび2019』が7月20日から開催される。

家族連れがさらに楽しめる場所を目指し、日帰りグランピング、立体アスレチック迷路など新施設が登場している同施設。昨年に引き続き、幻想的な太陽の塔のライトアップを楽しめる人気企画「イルミナイト」や屋台が並ぶ「フードエリア」、手持ち花火を楽しめる「夕涼み花火プレイエリア」(8月10日~18日)に加え、新企画も登場する。

吉本興業がプロデュースする「おばけ屋敷」(各800円)では、お化けに扮したお笑い芸人が登場。真夜中の「私立よしもとおもろ中学校」へ通知表を探しに行くという設定で、怖さで悲鳴と面白さで笑いが同時に飛び出す空間を目指すという。入場料金は中学生以上800円(小学生以下は保護者同伴)。

吉本興業によるお化け屋敷のイメージ図
吉本興業によるお化け屋敷のイメージ図

また、「水あそびエリア」も規模が大きくなり、子ども用のプールのほか、全長70mのロングスライダーが登場。こちらではウォーターガンの水鉄砲合戦や、水風船を投げ合うイベントなど開催し、子どもから大人まで涼を取れる企画となりそうだ。期間は8月25日まで、水曜休み。同園の入場料250円が必要。

『万博夏あそび2019』

期間:2019年7月20日(土)〜8月25日(日)・水曜休
※雨天・荒天中止
住所:大阪府吹田市千里万博公園1-10
営業:10:00〜21:00(最終入園は20:30)
入園料:大人250円、小中学生70円 ※エリアによって別料金必要

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本