琵琶湖ホテルで競技カルタ&ブッフェ開催

2019.6.22 16:00

「競技かるた体験」のイメージ

(写真2枚)

かるたの聖地・大津市にある「琵琶湖ホテル」(滋賀県大津市)で、「競技かるた」体験付きのスイーツブッフェが開催。7月26日と8月23日の2日間におこなわれる。

百人一首第一番の作者・天智天皇が市内に祀られていることから、かるたの聖地とされる大津市。市内にある同ホテルでは6月1日から、百人一首をモチーフとしたスイーツブッフェが開催され、春の歌にちなんだ桜リキュール入りガナッシュや、白富士に見立てられたババロアなどが提供されてきた。

その関連企画として、スイーツブッフェの前に「競技かるた」を楽しむイベントが登場。互いの手札を取り合う競技かるたの基本を、楽しみながら知ることができるほか、百人一首と大津との交わりについても知ることができる。体験で得た知識をふまえれば、百人一首モチーフのスイーツもより楽しめるはずだ。料金は大人3900円、小学生2000円。かるた体験のみの参加も可能で、料金は500円。

「競技かるた体験×百人一首スイーツビュッフェ」

日時:2019年7月26日(金)・8月23日(金)
時間:各日15:30〜17:00
会場:琵琶湖ホテル 5F 和宴会場(大津市浜町2-40)

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本