宇治茶レディと鵜匠、京橋で魅力アピール
2019.6.20 17:30

京都・宇治の夏の風物詩「宇治川の鵜飼」と「宇治茶」の魅力を広めるため、京阪電車「京橋駅」(大阪市城東区)に20日、女性鵜匠と茶摘み衣装を身にまとった「宇治茶レディ」が登場。京阪電車の利用客に宇治茶などを配ってPRした。

京阪「京橋駅」に登場した宇治茶レディと女性鵜匠(20日・大阪市内)画像一覧

現役大学生の宇治茶レディ・橋本佳奈さんは、「お茶や鵜飼など、宇治は文化の街としての魅力がたくさんあります。今日をきっかけに宇治のことを知って、好きになってもらえたらうれしい」と笑顔。また鵜匠の沢木万理子さんは、「宇治川の鵜飼は、ほかの地域の鵜飼よりも近くで見られて、迫力があります。ウッティーが魚を獲る瞬間などを、ぜひ間近で見て欲しい」と呼びかけた。

鵜飼や宇治の観光パンフレット、宇治茶の一煎パックを配布する宇治茶レディの橋本さん(20日・大阪市内)画像一覧

鵜飼川開きの7月1日には、宇治茶レディや鵜匠たちも参加するオープニングイベントが開催予定。宇治茶レディによる宇治茶の接待や、宇治市のご当地キャラクター・チャチャ王国のおうじちゃま、ちはや姫と鵜匠たちによるジャンケン大会などの催しも用意されている。会場は京都府立宇治公園塔の島(17時30分から、参加費無料)。

取材・写真/野村真帆

『宇治川の鵜飼』

期間:2019年7月1日(月)〜9月30日(月)
時間:乗船18:30〜(9/1〜30は18:00〜)
場所:京都府立宇治公園中の島喜撰橋畔(宇治橋上流塔の島)
料金:大人2000円、小学生1000円(予約不要)
電話:0774-21-2328(宇治川観光通船)
URL:http://www.kyoto-uji-kankou.or.jp/

  • facebook
  • twitter
  • はてブ