ひらパーお化け屋敷、寝ながらVRを体験
2019.6.19 19:00

昼と夜で異なる恐怖体験を味わえるホラーイベントが、「ひらかたパーク」(大阪府枚方市)で開催。昼の部では、最新のVR技術とリアルな体験が融合したお化け屋敷「怨霊の金縛り屋敷」が、7月6日から登場する。

今年のお化け屋敷は、寝ながら「ド接近」の恐怖体験が味わえるホラーVR画像一覧

本企画は、大阪・梅田を中心に過去57万人以上を動員してきた人気イベントで、同園での開催は今年で3年目。今回初めてVRを導入し、映像と連動した振動や音響でよりリアルな怖さが参加者たちへ襲いかかることとなった。

その内容は、参加者が観光に訪れた村で、秘蔵されていたある人形を見てしまったことから始まる。目にした者は死ぬという呪いを祓うため、村で一夜を明かそうとするも、丑三つ時に差し掛かると金縛りに襲われてしまうというもの。参加者は実際に寝ころんだ体勢でVRを体験するため、身動きの取れない「金縛り」状態のなか、至近距離で迫り来る悪霊への恐怖を、臨場感たっぷりに味わえるという。

期間は9月1日までで、時間は同園の営業時間に準ずる。料金はひとり800円(7歳以上、別途入園料あり)。夜の部では、閉園後の遊園地を貸し切ったミッション型イベント『闇遊園地でかくれんぼ』が、8月26日から9月1日、7・8日の開催予定。

『怨霊の金縛り屋敷 VR×リアル恐怖体験』

期間:2019年7月6日(土)〜9月1日(日)※7月10日(水)・17日(水)は休園日
時間:ひらかたパークの営業時間に準ずる(7月は12:00〜受付)
会場:ひらかたパーク イベントホールⅡ(大阪府枚方市枚方公園町1-1)
料金:ひとり800円(7歳以上、入園料は別途必要)
電話:072-844-3475
URL:https://www.mbs.jp/obake/

  • facebook
  • twitter
  • はてブ