マーマレード世界1位、淡路島の幻の柑橘

2019.6.18 11:00

淡路島でのみ栽培され、品種改良がされていない数少ない原種の柑橘類「鳴門オレンジ(鳴門みかん)」

(写真3枚)

日本で初開催されたマーマレード世界大会(2019年5月)で、プロの部・かんきつ1種部門最優秀賞にカフェ「星の果実園」(兵庫県洲本市)の「鳴門オレンジのコンフィチュール」が受賞した。

日本で初めてマーマレードを製造した記録が残っているという愛媛県で開催された同大会。英国大会の審査員らにより、見た目や香り、味などをもとに審査がおこなわれた。同部門では世界各国から集まった200品を超える応募から21品が金賞を獲得。そのなかで最高得点を獲得したのが同商品だ。

生産量が少なく幻のオレンジと言われる「淡路島なるとオレンジ」でマーマレードを作った「星の果実園」は、「大変うれしく、淡路島なるとオレンジのすばらしさを実感させていただきました」とコメント。「華やかな香り、スッキリとした酸味と、程よい甘味がバランス良く、その爽やかな後味は初夏の里山を感じさせる点が評価されました」と説明する。

「星の果実園」の松本さん(左)と播磨さん(右)
「星の果実園」の松本さん(左)と播磨さん(右)

同店で扱う2019年度分は予約で完売したものの、6月17日現在、通販サイト「島と暮らす」では個数限定で販売(1500円/300本限定・なくなり次第終了)されている。

「星の果実園」
住所:兵庫県洲本市塩屋2-1-45
営業:10:00~19:00・木曜休
電話:0799-70-7300

「島と暮らす」

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本