ラッパー・ANARCHY、映画を初監督

2019.6.16 22:00

映画『WALKING MAN』で初監督をつとめるラッパーのANARCHY

(写真2枚)

2006年の1stアルバム『ROB THE WORLD』が各方面で絶賛され、カリスマ的人気をほこるラッパー・ANARCHY(アナーキー)が、映画『WALKING MAN』で初監督をつとめることが分かった。

同映画は、メガホンをとるANARCHYのほか、企画プロデュースに人気漫画家・高橋ツトム、脚本にドラマ『民衆の敵』の梶原阿貴らが参加。完全オリジナル作品で、極貧の母子家庭で育った吃音症の青年が、ラップと出会って成長していく青春物語だ。

映画『WALKING MAN』の出演者たち

主演には、『ちはやふる』シリーズや『帝一の國』で鮮烈なインパクトを残した俳優・野村周平。妹役に優希美青、職場の先輩に柏原収史、思いを寄せる美女キムに伊藤ゆみがそれぞれ扮し、冨樫真、星田英利、渡辺真起子、石橋蓮司らが脇を固める。

映画『WALKING MAN』

2019年10月11日(金)公開
監督:ANARCHY
出演:野村周平、優希美青、柏原収史
配給:エイベックス・ピクチャーズ

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本