京都の歴史的美術館、画期的なリノベ計画

2019.6.13 08:00
  • 生まれ変わる地下エントランスには「ガラス・リボン」と呼ばれる流線型のファサードが導入される
  • 来館者を迎える多機能な大空間「中央ホール」
  • 新進作家を中心に発信するスペース「ザ・トライアングル」
  • 夜には本館のファサードがライトアップされ、東山を背景にした壮麗な風景に
  • 「京都市京セラ美術館」の全景イメージ
  • 屋上庭園「東山キューブテラス」から望む、日本庭園と雄大な東山
  • 日本庭園から、機能的な最新設備を備えた展示スペース「東山キューブ」を望む
  • 本館北回廊の中庭「光の広間」。2階にバルコニーを設け、ガラスの大屋根をかけて光が差しこむ室内空間に
  • 生まれ変わる地下エントランスには「ガラス・リボン」と呼ばれる流線型のファサードが導入される
  • 来館者を迎える多機能な大空間「中央ホール」
  • 新進作家を中心に発信するスペース「ザ・トライアングル」
  • 夜には本館のファサードがライトアップされ、東山を背景にした壮麗な風景に
  • 「京都市京セラ美術館」の全景イメージ
  • 屋上庭園「東山キューブテラス」から望む、日本庭園と雄大な東山
  • 日本庭園から、機能的な最新設備を備えた展示スペース「東山キューブ」を望む
  • 本館北回廊の中庭「光の広間」。2階にバルコニーを設け、ガラスの大屋根をかけて光が差しこむ室内空間に
(写真8枚)

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本