一面あじさいの手水舎、京都寺院で風物詩

2019.6.7 19:00

京都・長岡京「柳谷観音 楊谷寺」の風物詩、あじさいの花手水

(写真5枚)

眼病平癒で知られる「柳谷観音 楊谷寺」(京都府長岡京市)が、6月8日から7月7日まで「あじさいウイーク」を開催。京都最大規模といわれる約5000株の美しいあじさいを堪能できるという。

見どころのひとつは、手水舎の水面に季節の草花を浮かべ、色彩のかわいらしさで話題の「花手水(はなちょうず)」。その先駆けである同寺では、手鞠のように華やかなあじさいが一面に浮かび、梅雨の風物詩となっている。また、境内のあじさいをあしらった「紫陽花の押し花朱印」も数量限定で授与され、毎年観光記念として人気を集めている。

期間中は上書院・寺宝庫の特別拝観のほか、6月23日には『あじさいまつり』が開催。コンサートや特産品販売、庭園茶席など多数の催しを楽しめる。開門は10時から16時まで、拝観料は300円(上書院・寺宝庫拝観を含む特別拝観セットは800円)。

『第19回長岡京 柳谷観音あじさいまつり・あじさいウイーク』

期間:2019年6月8日(土)〜7月7日(日)
時間:10:00〜16:00(23日のあじさいまつりは15:30まで)
住所:柳谷観音 楊谷寺(京都府長岡京市浄土堂ノ谷2)
料金:拝観料300円(上書院・寺宝庫への特別拝観は800円)

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本