桂小春團治、オリーブオイル落語を披露
2019.6.5 8:00

世界20カ国で高座に立ってきた落語家・桂小春團治(三代目)が6月22日、「セント レジス ホテル 大阪」(大阪市中央区)のスペイン料理ブッフェイベントに登場。新作の「オリーブオイル落語」を披露する。

世界20カ国で講演をおこなってきた落語家・桂小春團治(三代目)画像一覧

2017年に入門40周年を迎えた小春團治は、2000年ごろからスコットランドやアメリカ、フランスなど海外の国々で独演会を開催してきた。各国の字幕付き落語のほか、本編前には訪れた国の文化や時事ネタを取り入れたマクラを考案。海外の人にも親しんでもらうため、落語に異国のエッセンスを加えてきた。

会場となるレストラン。落語は、併設されたイベントスペースに高座を作って開催される画像一覧

そんな小春團治が、スペイン料理によく使われる「オリーブオイル」をテーマにした新作をイベントで披露することに。「上方落語」に、スペイン料理がどのように絡むのか期待がふくらむ。イベントは12時から15時まで、落語は13時半ごろを予定。料金はブッフェ代込みで大人7000円、12歳以下3500円。予約は電話にて。

「太陽のスペインフェスティバル」

日時:2019年6月22日(土)・12:00〜15:00
会場:セント レジス ホテル 大阪1〜2F(大阪市中央区本町3-6-12)
料金:大人7000円、12歳以下3500円
電話:06-6105-5659
URL:http://www.stregisosaka.co.jp

  • facebook
  • twitter
  • はてブ