希少なシャンパン飲み比べ、大阪で堪能

2019.5.30 11:00

イベントタイトル『Buvons Moet luxe』は「モエを贅沢に楽しもう」の意

(写真3枚)

1743年創業で世界的に有名なメゾン「Moet & Chandon(モエ・エ・シャンドン)」のシャンパンを味わうイベントが、大阪の結婚式場「アルモニーアンブラッセ 大阪」(大阪市北区)で6月7日に開催される。

同イベントのコンセプトになっている「Buvons Moet luxe」は、仏語で「モエを贅沢に楽しもう」という意味で、会場ではモエ公式アンバサダーであるティモシー・ベック氏を招いて解説を聞きながら、「モエアンペリアル」「グラン ヴィンテージロゼ 2009」などモエ4種のテイスティングができる。

なかでも注目は、ブドウの出来がとりわけ良かった年のみに造られるヴィンテージシャンパンである「グラン ヴィンテージ2009」。完成度がとりわけ高く希少なもので、「究極のシャンパン」として愛好家からも絶大な支持を得ており、そのシャンパンがテイスティングで味わえるという。

そのほか、シャンパンを使ったぜいたくなフルーツポンチ作りや、オリジナルシャンパンカクテル作りなど体験コンテンツも充実。同イベントは大阪以外に、「ベイサイド迎賓館 松山」(愛媛県松山市)でも6月8日におこなわれ、大阪では22階からの夜景、愛媛では海を眺めながら楽しめる機会となっている。料金は6500円(大阪)、5500円(愛媛)。

『T&Gソムリエ「Buvons Moet luxe」』

日時:2019年6月7日(金)・17:30〜19:30(受付17:15)
会場:アルモニーアンブラッセ 大阪(大阪市北区茶屋町7-20)
料金:6500円

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本