滋賀のアメリカ美術、和歌山に遠征

2019.5.30 06:00

アーシル・ゴーキー《無題(バージニア風景)》1943-1944年頃 油彩、カンヴァス 滋賀県立近代美術館蔵

(写真3枚)

「滋賀県立近代美術館」(以下、滋賀近美)が所蔵する日本屈指の戦後アメリカ美術のコレクションが、「和歌山県立近代美術館」(和歌山県和歌山市)で、6月8日よりまとめて展示される。

同企画展『ニューヨーク・アートシーン』は、滋賀近美が改修工事で長期休館中のために、和歌山でおこなわれるもの。第2次大戦後に文化面でも世界の覇権国になったアメリカの中心、ニューヨークに焦点を当てる。戦火を逃れてヨーロッパから移り住んだ多くの作家たちが最新の美術動向を伝え、その影響を受けた若い作家たちが次々に登場した。

モーリス・ルイス《ダレット・ペー》1959年 アクリル、カンヴァス 滋賀県立近代美術館蔵

画家の激しい身振りや広漠とした色面の広がりから生み出されるロスコらの「抽象表現主義」、生活と芸術を等価とみなした「ネオ・ダダ」、大衆文化と大量消費社会を背景にしたウォーホルらの「ポップ・アート」、美術の根源を見つめた禁欲的・還元的な「ミニマルアート」など、多様な芸術表現が生み出された。また、草間彌生や河原温など多くの日本人作家もニューヨークで活躍している。

本展ではそうした20世紀後半のアメリカ美術の流れを、滋賀近美のコレクションを中心とした約100作品でたどる。滋賀近美に行ったことがない人はもちろん、バスキアなど同館の作品を見慣れている人にとっても、今までとは異なる環境で名作を見られるレアな機会だ。期間は9月1日まで、料金は一般800円。

文/小吹隆文(美術ライター)

『ニューヨーク・アートシーン ロスコ、ウォーホルから草間彌生、バスキアまで-滋賀県立近代美術館コレクションを中心に』

期間:2019年6月8日(土)~9月1日(日)※月曜休(7/15・8/12開館、7/16・8/13休館) 
時間:9:30~17:00 ※入館は16:30まで 
会場:和歌山県立近代美術館(和歌山市吹上1-4-14)
料金:一般800円、大学生500円
電話:073-436-8690

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本