部位から選べる牛カツ、京都勝牛に登場
2019.5.21 17:00

2014年に京都で創業し、現在では日本国内で54店舗、海外に20店舗と急成長している牛カツ専門店「京都勝牛」(本店:京都市中京区)。新メニューとして、部位から選べる牛カツの定食が登場した。

塊から切り出す一枚肉だからこそ実現できる、ミディアムレアな牛カツ画像一覧

近年、インバウンド需要の増大や海外での日本食ブームを受け、寿司・天ぷら・ラーメンなどに続く日本食の代表として人気が拡大しつつある「牛カツ」。わさび醤油やおろしポン酢など和風のソースで味わう和定食のスタイルが支持されているが、そのブームを牽引してきた同店が今回、「焼肉のように部位から選べる牛カツを楽しんでほしい」と新メニューを企画した。

わさびをたっぷりのせ、だし醤油をつけて食べるのがオススメだという画像一覧

使う部位はこれまで限られてきた牛カツだが、今回選べる部位は全5種。赤身の旨みが楽しめる定番の「ロース(ハネシタ)」をはじめ、脂身の旨さを堪能できる「リブロース」、低脂肪高たんぱくで女性人気の高い「ヒレ」、歯ごたえにこだわった厚切りの「タン」、適度なサシの入った上品な「黒毛和牛(ウチモモ)」から、自分好みの部位1種(1280円〜)か、2種選べる「相盛り膳」(1480円〜)、4種の食べ比べ(黒毛和牛以外)ができる「欲張り御膳」(2680円)などがスタンバイ。

また同店では薬味とつけだれにもこだわっており、和風だしをきかせただし醤油や特製和風カレーつけ汁、ソース、山椒塩、半熟温玉、おろしポン酢などさまざまな組み合わせが可能。さらにカツカレーや卵かけごはん、カレー茶漬けなどアレンジすることでシメまで楽しめることから、海外観光客はもちろん、日本人からも好評だという。部位を選べる新メニューは、関西では大阪5店舗、京都6店舗、兵庫1店舗で5月13日から順次導入されている。

「京都勝牛」

関西の店舗:梅田店、アルデ新大阪店、堂島地下街店、あべの新宿ごちそうビル店、なんば戎橋店、三宮センタープラザ店、先斗町本店、京都駅前店、清水五条坂店、祇園八坂店、伏見稲荷店、京都ヨドバシ店
URL:http://kyoto-katsugyu.com/

  • facebook
  • twitter
  • はてブ