遊び心満載、モンエン西森の鉄アート作り

2019.5.19 19:00

かなり太い鉄の棒を切断する西森

(写真4枚)

芸人の「もうひとつの才能」に注目したドキュメンタリー番組『OFLIFE(オブライフ)』(MBS)。21日の放送回では、コント「神々の遊び」で一世を風靡したモンスターエンジン・西森洋一が取り組む「鉄アート」作りに迫る。

ネタ作り担当の西森の実家は、東大阪で精密機械の部品を製造加工している工場「アナン・ピージーアイ」。重機などに組み込まれる部品「リテーナープレート」を加工するため高い技術が必要とされる。西森は、中学生時代から父・正雄さんに鉄を加工する技術を教わり、芸人になる前は鉄工所で働いていたことも。若手の頃には、居酒屋と実家でのアルバイトの掛け持ちを続けていた。

今、「モノづくり東大阪応援大使」として、鉄のアート作品でモノを作る楽しさを伝えており、自らの「鉄アート」作品のコンセプトを「どこにも売ってないもので、説明したときに笑えるもの。全く必要のない無駄なもの」という西森。その言葉通り、作品はどれも見たことがないユニークなものばかりで、一見しただけではさっぱりわからない。カイザーナックル付きの灰皿や1本しか入らない鉄製のつまようじ入れなど、どれも無駄に重く、遊び心満載だ。

実家の工場で父の正雄さん(右)と昼食を取る西森(左)

そんな西森の「鉄アート」にアドバイスをくれるのは、笑い飯・哲夫やスーパーマラドーナ・武智ら親しい先輩たち。芸人仲間の間でも「鉄アート」は話題で、「完成度が高い」(哲夫)、「もうちょっと売れそうなものを作って欲しい」(武智)など、飲みながら話が盛り上がるという。

西森が今、作っている作品は、父への初めてのプレゼント。「いつも(工場を)使わせてもらって、いつもアドバイスをもらう」父への感謝をこめて、鉄とまるで会話をするかのように、1ミリ以下の単位で少しづつ削っていく。ねじ穴をあけて組み立て、完成した作品は、見ただけでは全く何かわからない。その用途を説明するときのリアクションが楽しみなのだという。この模様は5月21日・深夜1時59分から放送される。

MBS『OFLIFE』

放送:2019年5月21日(火)・深夜1:59〜2:30

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本