福島で外飲み、阪急オアシスの新提案
2019.5.18 21:00

居酒屋やバルが密集する大阪・福島区に5月15日、スーパーマーケットとバルの複合店「阪急オアシス 福島ふくまる通り57店」がオープン。購入したフードやドリンクは、店頭のテラス席で自由に飲食できる外飲みスタイルを提案する。

写真右手側がバルエリア。並ぶお店から好きなメニューをセレクトできる
写真右手側がバルエリア。並ぶお店から好きなメニューをセレクトできる画像一覧

今回、同店がオープンしたのは15日に誕生したグルメストリート「ふくまる通り 57」沿い。「阪神電気鉄道」と「JR西日本不動産開発」が共同で開発し、福島5丁目・7丁目に位置。その通りの南側の半分を占め、東側はバルコーナー、西側は2階建てのスーパーマーケット。そして店頭にはズラリとテーブルとイス約50席、スタンディング用のカウンターが並ぶ。

このスタイルは、JR大阪駅の商業施設「ルクア大阪」の地下2階にある人気エリア「キッチン&マーケット」第2弾となっており、今回は、スペインバルをテーマに、パエリア、ピッツァ、ハムとチーズ、タパス、肉料理のブースが並ぶ。グラスワインは400円〜、焼きたてのピッツァ1枚680円、イベリコ豚のロースト100g480円、と実に気軽な価格。もちろん、スーパーで購入した商品と併せていただいてもOKという懐の広さ。

広々としたスーパーマーケットエリア。豊富な惣菜が揃うのも魅力
広々としたスーパーマーケットエリア。豊富な惣菜が揃うのも魅力画像一覧

テラス席に座っていたのは、スーパーの寿司を3世代で晩ごはんにする家族、生ハムをアテにワインの1人飲みをする男性、交互に買い出しに出掛けて飲み会を楽しむサラリーマングループなど、客層も利用法もさまざま。小学校以来の友人という20代女性の2人組は、「普段は福島の渋い居酒屋に通っているのですが、たまたま発見しました。外で開放的な気分で飲めるのがいいですね。気軽な感じもいい!」と、満喫していた。

20代女性2人組は、生ハムとチーズの盛り合わせと白ワインを楽しんでいた
20代女性2人組は、生ハムとチーズの盛り合わせと白ワインを楽しんでいた画像一覧

また、スーパーマーケットの2階にもイートイン席が設けられ、ビールやチューハイ(各500円)などを販売するドリンクコーナーも。店内で購入したお弁当やツマミ、ワインのほか、外のバルで購入したフードであれば持ち込み可となる。営業時間は10時〜23時まで。

「阪急オアシス 福島ふくまる通り57店」

2019年5月15日(水)オープン
住所:大阪市福島区福島5-18-25
営業:10:00〜23:00
電話:06-6442-7631
URL:https://www.hanshin.co.jp/fukumarudori57/

URL:https://www.hankyu-oasis.com

  • facebook
  • twitter
  • はてブ