「サクラ大戦はOSKに憧れて」広井王子
2019.5.19 20:00

ゲーム『サクラ大戦』とOSK日本歌劇団がコラボした舞台『歌劇 海神別荘』が今夏上演。本公演の作・構成を担当する『サクラ大戦』のクリエイター・広井王子が、「本ゲーム自体がOSKから生まれたようなもの」と明かした。

写真左から舞美りら、声優の横山智佐、広井王子、桐生麻耶、楊琳(13日・京都市内)画像一覧

1996年の発売以来、舞台やアニメ化もされ、大ヒットしたゲーム『サクラ大戦』。帝国歌劇団の団員たちが、非常時には「帝国華撃団」として魔性を退治するという内容で、この世界観のベースになったのは松竹歌劇団(OSKの姉妹劇団で、同劇団の1期生に広井の伯母が在籍)の存在だったという。

「2歳ぐらいの頃に国際(劇場)で(松竹歌劇団を)観てからずっとレビューが好きで、それに憧れて『帝国歌劇団』を作りました。架空の(歌劇団の)横に本物が並ぶことに混乱はありますが、ずっと本物の歌劇団が演じる『海神別荘』が観たかったので、もう毎日観に行きたいです」と喜びを語った。

名物のラインダンスを始め、ダンスのレベルの高さで知られるOSKに広井は、「あの跳ね上げる足の速さを若い人にも観てもらいたいし、僕はあれだけで5000円払えます(笑)」と絶賛。同コラボは昼に『OSK SAKURA REVEU』が、夜に『OSK SAKURA NIGHT』がおこなわれ、7月13日〜25日(夜は24日まで)に「南座」(京都市東山区)で上演。チケットは発売中。

取材・文・写真/吉永美和子

『OSK SAKURA REVUE』

日程:2019年7月13日(土)〜25日(木)
会場:南座(京都市東山区四条大橋東詰)
料金:一等席8500円、二等席4500円
電話:0570-000-489
URL:http://kyoto-sakurarevue.com/

  • facebook
  • twitter
  • はてブ