ポップオペラの藤澤ノリマサ、ライブ放送

2019.5.15 06:00

ポップスとオペラを融合した独自のスタイルを、10年間追求する歌手・藤澤ノリマサ

(写真2枚)

ポップスとオペラ、2つの歌唱法を融合させた「ポップオペラ」を追求する藤澤ノリマサ。彼の10周年記念ツアーファイナルの公演が、5月19日にWOWOWで放送される。

J−POP的なAメロ、Bメロに続いて、大きく響き渡るオペラ調へと変化していく彼の歌。誰もが知るクラシックの名曲をサビのメロディに組み込み、壮大な音楽を歌い上げる。

ツアーファイナルとなった「東京国際フォーラム」公演では、オペラ「イーゴリ公」の第2幕楽章をサビに用いたデビュー曲『ダッタン人の踊り』や、バッハによる有名なメロディ「主よ人の望みの喜びよ」を組み込んだバラード曲『Prayer』など、約10年歌い続けた代表曲を披露。さらにツアーのために書き下ろした新曲も披露するなど、観客から万雷の拍手を得ていた。

ときにマイク無しでの歌唱あり、ときに中島みゆきの名曲『糸』などのカバーありと、歌手としても幅広いパフォーマンスで観客を楽しませる彼のライブ。この模様は5月19日・夜9時半からWOWOWライブで放送される。

藤澤ノリマサ「10th anniversary CONCERT TOUR2019〜威風堂々〜」

2019年5月19日(日)21:30〜放送(WOWOWライブ)

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本