大阪初の世界遺産へ、堺で万歳三唱
2019.5.14 16:00

5月14日、イコモスから「百舌鳥(もず)・古市(ふるいち)古墳群」が世界文化遺産勧告されたことを受けて、堺市堺区の「大仙(だいせん)公園」で記者会見がおこなわれた。

これまで世界文化遺産に向けて尽力してきてくれた人々が、大仙公園内の「孫太夫山古墳」前にて祝った
これまで世界文化遺産に向けて尽力してきた人々が、大仙公園内の「孫太夫山古墳」前にて祝った(14日・堺市内)画像一覧

今回は堺市の百舌鳥エリア、藤井寺と羽曳野エリアの古市にある49基の古墳が対象で、堺市には世界3大墳墓といわれる「仁徳天皇陵古墳(大山古墳)」があり、周辺にも大小の古墳が点在。5月上旬に勧告が予定されていたため、関係者が日々待ち焦がれていたなかでの発表となった。

堺市のキャラクター・ハニワ課長は「土器だけにドキドキして待っていました。これから魅力をよりアピールしていきたいと思います」と意気込む。写真撮影では、古代衣裳に身を包んだ女性たちが「もず〜、ふるいち〜、世界文化遺産おめでとう〜」とうれしさを隠しきれずに歌い出し、関係者一同が万歳三唱で勧告を喜んだ。

ハニワ課長は、「1600年のなかで現在一番うれしい」と語る
ハニワ課長は、「1600年のなかで現在一番うれしい」と語る(14日・堺市内)画像一覧

NPO法人「堺観光ボランティア協会」で、10年間ガイドを務める女性は、「マラソンをきっかけに、堺市の魅力をもっと知りたいという思いからはじめました。大阪市の方にも『もっと遠いイメージだったけれど、意外と近かった』と言ってもらえるので、遠方だけでなく近隣の方にもぜひ訪れてほしい」と期待を語った。

5月に入ってからずっと勧告を待っていたという「堺観光ボランティア協会」でガイドをつとめる方々(14日・堺市内)
5月に入ってからずっと勧告を待っていたという「堺観光ボランティア協会」でガイドをつとめる方々(14日・堺市内)画像一覧

また、お土産ショップ「もず庵」の女性は、「ここは静かな住宅街。何気に見えるものが古墳だったり、当たり前の光景となっています。ゆったりと過ごし、歴史を感じ、堺の魅力を知る場所になれば」と話す。店で一番多い質問は「仁徳天皇陵古墳」の全景が見える場所で、「全景や周濠は見えませんが、おすすめは堺東駅前にある堺市役所の展望ロビーです」と薦めてくれた。

世界遺産登録の可否は6月30日〜7月10日開催の『第43回ユネスコ世界遺産委員会』で審議される。

「百舌鳥・古市古墳群」

URL:http://www.mozu-furuichi.jp

  • facebook
  • twitter
  • はてブ